FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台

澪の会

DCF00422.jpg 

                                  photo:澪の会ポスター

ここ数年祇園界隈などでこの青磁色のポスターが
目についていて行ってみたいなぁと思っておりまして
しかしながら当日整理券70枚発行分のみ入場可
などと書かれていて入場券の入手は難しいのかなと
半ばあきらめていたところ

先日友だちとおしゃべりしていて
同じように思っていたとが判明
ふたりだったら整理券配布の時間までに行って
並んでみるのもいいかということで
おけいこ場の前で並ぶことにしました!

早めに会場についたところすでに20名ほどは並ばれており
前やら後ろから聞こえてくる声を聞いていると
毎回のように通われているファンもいたり
結構遠方からの旅行者の方もおられるよう

古門前通りは東西の通りで西日がきついです・・・
空をみるともう祇園さんあとの真夏の空みたい

それでもひとりで並んでいたわけではないので
あれこれおしゃべりしている間に整理券が配られ無事
整理券を受け取り開場の時間までに
腹ごしらえ


DCF00425.jpg 

           photo:片山家能楽・京舞保存財団 古門前 東山 京都

この界隈は骨董屋さんなどが軒を連ねる雰囲気の良いところ
いつもこの表札を横目に見ながら通りすぎていたんです

なんだかワクワクしちゃいます
歌舞練場などの劇場もワクワクだけど
こちら12月の事始めのときに
挨拶に来られた芸舞妓さんたちにお家元ががこれjからも精進するよう舞扇を渡されるところが
テレビニュースに映るあの場所で
遠い世界だと思っていたところで舞台を拝見できるなんてちょっと感動です


蛍狩り 

                photo:京舞お家元のおうちの玄関先での一枚

ぞろぞろ受付待ちをしている列の前で急いで記念写真
あわてていたのかちょっと視線が携帯カメラを見ていませんね

ちなみに本日の番組は

上方舞 蛍狩り  井上八千代

地歌 山姥 井上安寿子

常磐津 山姥 井上八千代

という3本組

普通の劇場での舞踊会では 解説などはないものですが
この会は お流の舞踊の普及?が趣旨なのか
舞台のあとには座談会の時間があり

質疑応答もふくめ
蛍狩りの八千代さん自身の思い出、先日逝去された
大蔵流の狂言師 茂山千作さんとおなじも催しで蛍狩りを舞われたことがあったそうでそのとき千作さんに
言われたことなど思い出からはじまり・・・

地歌と常磐津の山姥の違いの解説や
手踊りでのレクシャーなど

通常の舞踊公演ではないような充実した内容でした

知らなかったんですが年四回の定期公演だったんですね
本公演でもう120回なんだとか!

また 機会があれば伺いたいとおもうのでした。



ちなみに・・今日のわたしの衣装のテーマは蛍狩りで黒地の麻の帯のうえに蛍に見立てた黄色の蜻蛉玉

水際・・闇に蛍が飛んでいるイメージ






スポンサーサイト
コメント

No title

昨日は ありがとうございました。
初めてで一人であそこには やはり並べませんでした。おかげで
良いものを拝見することができました。

おきもの、きれいな色目に見とれていましたが、そういう見立て
だったのですね!
素敵です~。

No title

演目をイメージなさったのですね。帯留が闇に飛ぶ蛍とは素敵です。
さすればお着物は水に見立ててでしょうか。
内容のある澪の会の様子が伺えました、並んだ甲斐が有りましたね♪
私は歌舞伎の山姥は戻り橋の二部作だと思い込んでいました。
渡辺綱(源頼光)が一条戻り橋で鬼の腕を切り落とすお話しだったかと。
その腕を切り落とされた鬼が山姥に姿を変えて、一夜の宿を借りに訪ねた渡辺綱を襲う物語りと思い込んでいました。
でも違うようですね。
もう夏空に近いのですかそちらは、ところで並ぶ前の腹拵えは何を召し上がったのか興味深々です。

Re: No title

ふうこさん

> 昨日は ありがとうございました。
> 初めてで一人であそこには やはり並べませんでした。おかげで
> 良いものを拝見することができました。

こちらこそお相伴ありがとうございました!
これでこの会の様子もわかったし年4回の会だということも分かったし
次に繋がりますね。ほんとに思い切って並んでよかったです。

> おきもの、きれいな色目に見とれていましたが、そういう見立て
> だったのですね!
> 素敵です~。

ふふ。。
そんな見立てって自己満足ですけどテーマを決めて考えるのはたのしいですよね。

ふうこさんもいつもザックリ洒落た感じが素敵です。
わたしも紬など織のきものほしい~~~(笑)

Re: No title

しゃれーどさん

> 演目をイメージなさったのですね。帯留が闇に飛ぶ蛍とは素敵です。
> さすればお着物は水に見立ててでしょうか。

そうなんですよ。
写真では無地染めに見えてますが蝋で浪模様が全面に描かれた着尺です。

> でも違うようですね。

坂田金時(金太郎)のお母さん説
http://www.japanmystery.com/niigata/yamanba.html

もうひとつはあれなんだったかな怖い老婆ではなく美しい女だったかしら・・
いろんな説があちこちにあるようですね。八千代さんが座談会上で話されていました。


> もう夏空に近いのですかそちらは、ところで並ぶ前の腹拵えは何を召し上がったのか興味深々です。

軽くお蕎麦でもという話もあったのですが時間が早くてまだ支度中のお店がおおく
近所のスペインバルでパエリアをいただきました。

La Gallega(ラ ガジェガ)
http://www.la-gallega.jp/

No title

澪の会、そういう会だったのですね。
ひらがなを横に「のみ会を」と無意識に読んでたようで、お酒を飲みながら京舞を見て座談会をする会だとばっかり思ってました(*´ω`*)
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。