スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅の実の落ちる頃・・・・天球院に行ってきました





塀と石垣  
                                        photo:石塀  妙心寺                                                
今日は朝から妙心寺に出かけてきました。


いままで法堂や山門、退蔵院・・・南側は何度か伺ったことがあったんです
でも今回目指したのは初めての天球院
こんな石塀が続き・・・・
のどか 
                                                        photo:のどか 妙心寺 

石塀の迷路のような境内を歩いていたら突然野原
京に田舎ありっていう風情

天球院のアプローチ
                              photo:天球院玄関からの眺め

京博に見に行ったた狩野山楽・山雪襖絵が
本歌はこのたび博物館に寄託されて見たのは最近技術のカラーコピー) 
本来あるべきところに戻っての姿

博物館で朝顔や虎の襖絵をみたときから
本来の場所で見たい
それにしてもこんな早く機会ができるとは・・・なんと9年ぶりの公開なんだそうです

竹林の虎さんに曲がりくねった老梅に朝顔の襖絵
ほんとはその虎の絵にも梅の絵も朝顔もそれだけでなくて一部屋に四方四面の絵のうちの一枚

博物館のライトの元ではなくて天井にペンダントはぶら下がっているのだけど
障子の中だしすこしばかり薄暗く鈍い金箔地に虎は抜け出てきそうに浮き上がって見えていて・・

四面でひとつの絵になっている姿が見ることが来たからやっぱり天球院に来てよかった

今日は真夏のような一日
午後の書のおけいこにこんなの書いてみました


落梅風 
                                                          落梅風 2013

梅の実が落ちる頃吹く風・・・

真夏はもうそこです




                                      

                                                                                            
                                        
スポンサーサイト
コメント

No title

妙心寺の野原はのどかな雰囲気がとてもいいですね(^◇^)
見るたびに、「ここはわざと残してるのかな?」と疑問が浮かびます(#^.^#)
天球院はどうだったかなぁ…退蔵院はまだ行ったことないです。
いくつもの塔頭を抱えるお寺さんは見るところもたくさんありますよね。
『落梅風』、季節は真反対だけど『落柿舎』みたいな雰囲気がありますね(^◇^)
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。