スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひっそりさいて散ります

ひっそり咲いて散ります 


ひっそり 咲いて 散ります   種田山頭火 1882 - 1940



今年の桜はあわてんぼうで駆け足のようです

今日はとうとう雨になってしまいました
我が家の近所はまだまだ咲いてそうですが
早くに満開になった桜はそろそろ散りぞめかもしれませんね

ありがたいことに我が家の近隣には桜の名所が
たくさんあり暇を見つけてはこの時期は花見に出かけるのですが

たとえば山を歩いていて 人知れず 咲いている花に出会うのはとても素敵

なにも桜に限ったことではない
大半の花は特に大騒ぎされることもなく

ひとり咲いてひとり散る

でもね でもね さくらは やっぱり 特別なのかな・・・
散り際が美しいから

好きなんです




仰木の一本桜 

                                                                              photo:    仰木の一本桜 2012  仰木 大津
スポンサーサイト
コメント

No title

そう、桜も人も散り際の美しさが・・・・

「ひっそり 咲いて 散ります」この山頭火の「ひっそり咲く」なのですよね。
そっと山里に咲くソメイヨシノに思いを馳せています。

散りゆく桜のひとひらに想いをはさています。あふみさんの書を眺めながら・・・・

Re: No title

シャレードさん

> そう、桜も人も散り際の美しさが・・・・

そういう感覚って日本人独特なんですってね。


> 「ひっそり 咲いて 散ります」この山頭火の「ひっそり咲く」なのですよね。
> そっと山里に咲くソメイヨシノに思いを馳せています。

ひっそり咲いて散りますには各地の有名な桜ではなく山に咲いているような山桜のイメージが相応しいかもしれませんね。

うちの裏の逢坂山のほうを見ると新緑と若葉が出てきてもまだ先の凝っている桜が見えてます
行楽地ではない穏やかで静かな風景ですよ

No title

不揃いな書は園芸用に改良され、観賞用に剪定された桜とは違って、精いっぱい咲いて精いっぱい散っていく山奥に咲いてる桜の雰囲気を感じます(*'ω'*)

Re: No title

いごうさん

人知れず咲いて人知れず散っていく野趣あふれる山の花って園芸種にはない力強さがありますね。
そんな風に見えていたなら、うれしい☆
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。