FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風景

立木さん

紙垂  

                                                                                                                      photo:紙垂  



子どもの頃から厄除けのお参りと言えば立木さんにお参りでした

正式名称は立木山安養寺というのだそうで親しみを込めて
子どもの頃から「立木さん」と呼んでします

さあこれから立木さん参りです

ここから八百段余り結構勾配のある階段の登り始めます

で、しめ縄を見るとちょっと変わった紙垂(しで)でこんなのよそでは私は見たことありません
ずっと昔からこのカタチなのでしょうけれど今まで気づいたことなかったわ



立木観音参道 
 
                               photo:立木観音参道

幼い頃は両親、祖父母に手を引いてもらい何百段もある階段を登り
のぼり切るとこどもはののさま(観音様)に
小さな手の手形を写して階段が何段があったか書いてお供えしましたっけ

立木山 

                                     photo:立木観音


登りきる頃にはぜいぜい息があがります

いま思えば奈良の室生寺のほうがもっと長い距離だと思います
でも段の高さがこちらのほうが高いのかもしれません
子どもの頃は登っても登っても一向に終わらず
この階段が途方もなく遠いものに思えていたものです

今日も途中で疲れて泣きじゃくっているちびっこやなだめすかしているお母さんを何組か見かけました

なんだか微笑ましいなと思いながら・・・・・




鹿跳橋からの眺め

                         photo:鹿跳橋から瀬田川の眺め


わたしの子どものころのこと
わたしの娘が幼い頃のこと

そして今日はひさしぶりに家族そろってお参りしたこと

想いでが幾重にも重なりますね

これで今までの厄をすっかり落として清々しく過ごせるかしら
スポンサーサイト
コメント

No title

私も数回お参りしました。
「しんどい思いをしてのお参りなので、ご利益ありそう」という
単純な発想のオットにくっついて。

何百回もお参りされてる方もいらして感心します。
ひさびさに伺いたくなりました。

Re: No title

いっこさん

お返事書いたつもりが反映されてなかったみたい。。
ごめんなさい遅くなりました。

> 私も数回お参りしました。
> 「しんどい思いをしてのお参りなので、ご利益ありそう」という
> 単純な発想のオットにくっついて。

でもたしかにしんどい思いをして参拝するのですから
ご利益ありそうな気がしますよね。

> 何百回もお参りされてる方もいらして感心します。
私が高校時代クラスメートは立木さんで巫女さんご奉仕してました。
もちろん毎日あの階段の上り下りこみです(笑)
そういえばわたしも高校時代お正月は近江神宮(いまはかるたのクイーン戦で有名になりましたが)で巫女さんご奉仕してたんですよ。おお懐かしい。

No title

しめ縄、確かに見ない形してますね(≧ω≦)
なんか独自の由来でもあるのかなぁ。
吉田神社でもハァハァ言ってるオイラには縁が無さそうなエライ場所にあるんですねぇ。
登るだけで修行ですな(*´д`*)

Re: No title

いごうさん

> しめ縄、確かに見ない形してますね(≧ω≦)
> なんか独自の由来でもあるのかなぁ。

そうでしょ?
こんなの見たことなくってネット検索程度ではわかんなかったです。
どんな由来があるのか機会があったら神職の知人に聞いてみようとおもっているところ。

> 吉田神社でもハァハァ言ってるオイラには縁が無さそうなエライ場所にあるんですねぇ。
> 登るだけで修行ですな(*´д`*)
ふふふ。いい修行になるよ。きっと(笑)
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。