スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巳の春


                             photo:除夜の鐘 牛尾観音(法厳寺) 音羽山 山科


今朝は薄氷の張る寒い朝でしたが
初春にふさわしい穏やかな良い天気の一日

去年に引き続き除夜の鐘を突きに二年参りは
牛尾観音さんへ

歌枕の山、音羽山の山頂近くにあって
自宅からもさほど遠くはないのに
降って来そうにたくさんの星が見えて大きなお月さんが浮かぶ
大晦日の夜で

今年も良い年越し新年を迎えることができました

                                      年越しそば

                                 photo:年越しそばの接待

そんな寒いなか庫裏での年越しそばの接待は
ほんとにほっこりでした


2013巳年

                             photo:2013巳年

明けましておめでとうございます
旧年中はお世話になりました
本年も引き続き宜しくお願い致します

年女なわたし がんばらなくっちゃ☆

スポンサーサイト
コメント

No title

あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくおねがいします。

え?年女でしたか。そんな年齢だったのですね。

俺は数え歳だと「三十而立」になりました。
社会的に自立しようとしていません。
まだまだ脱皮する気配なし。

おめでとうございます。

音羽山と山科が近いという感覚がなくて、言われると「あぁそうだった!」と思ってしまいます(笑)
2013年の元旦は、快晴で初もうでの人出も多かったですが、京都でもそうなんでしょうね?
寒い大晦日に温かい年越し蕎麦の接待は嬉しいですね♪
身も心もほっこりしそうです。
相変わらずあふみさんの書は芸術的です!!
こんな蛇に睨まれたら、行くことも戻ることもできず、タジタジしてしまいそうですよ。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

Re: No title

ぬーくん

おめでとうございます。
こちらこそよろしくね。

> あけましておめでとうございます。
> ことしもよろしくおねがいします。
>
> え?年女でしたか。そんな年齢だったのですね。

あれ知らなかった?ふふ〇回り目の年女でござるよ(笑)

> 俺は数え歳だと「三十而立」になりました。
> 社会的に自立しようとしていません。
> まだまだ脱皮する気配なし。

十分自立しているのではなかったですか?
脱皮ね。
蛇の姿ってね、究極の進化ととげた結果らしいですよ。
これからまだまだ進化していってねん☆

Re: おめでとうございます。

Re: おめでとうございます。
こまちさん

> 音羽山と山科が近いという感覚がなくて、言われると「あぁそうだった!」と思ってしまいます(笑)
そんなものなんでしょうねぇ。
わたしも和歌に歌われている音羽山といつも見えている近所の山がいっしょだということが
なんだか不思議ですよ。

> 2013年の元旦は、快晴で初もうでの人出も多かったですが、京都でもそうなんでしょうね?
元日は朝からお墓参りと近所のお宮さんにしか移動してなくて
大きな霊園とちがい塔頭の墓地はしずかなもので人出は感じてないんです。
きっと人気スポット(伏見稲荷や平安神宮など)はたくさんの参拝者だったのでしょうね。

> 相変わらずあふみさんの書は芸術的です!!
> こんな蛇に睨まれたら、行くことも戻ることもできず、タジタジしてしまいそうですよ。
ありがとうございます♪
え、フリーズしそうですか?(笑)

こちらこそ宜しくお願いします。

No title

巳年でいらったのですか、我が娘も同じ干支です。
ふと筆で一気に描かれた姿がとても優しく感じます。

巳と己似ていますね、己の春と読んで仕舞ったウツケなミズトリでした。

囲炉裏の縁のお蕎麦は年を越す風が緩やかに流れていますね。
来年のことを云うと鬼が笑うとか、僅か昨年のことを云うと鬼は泣くのかしら(笑
牛尾観音さんは山科にですか、音羽なる地名は東京の文京区にも。
ちょいと前の日本の首相のおじいさまが、その音羽に住まわれて。
今年こそ良い年になって貰いたいと思っております。

音羽屋は尾上菊五郎のでした、母鳥とのえにしも思い起こしながらの新年です。
なにかいい年になりそうな気配、あふみさんのブログが導いて下さるような♪

No title

そういえば前年も牛尾観音だったですねぇ(≧ω≦)
不精なオイラは鐘を撞きに行かずに家でぬくぬくしてました。
「巳」の書、絵のようでもあり、字のようでもあり、不思議ですね( ̄ー ̄)

Re: No title

シャレードさん

> 巳年でいらったのですか、我が娘も同じ干支です。
いっしょの蛇女さん♪
蛇女なんていったら道成寺のようですね(笑)

> ふと筆で一気に描かれた姿がとても優しく感じます。
やさしいですか。
なんかうれしいかも♪
いつも力強いとかパワフルとか言われることがおおいので。

> 巳と己似ていますね、己の春と読んで仕舞ったウツケなミズトリでした。
わはは。ずいぶん自己顕示欲が強そうなタイトルです(笑)

> 来年のことを云うと鬼が笑うとか、僅か昨年のことを云うと鬼は泣くのかしら(笑
そう。つい先日のことながら去年の話なんですね。

> 牛尾観音さんは山科にですか、音羽なる地名は東京の文京区にも。
> ちょいと前の日本の首相のおじいさまが、その音羽に住まわれて。
> 今年こそ良い年になって貰いたいと思っております。

ほんとにね。
先日の大発会ではひさしぶりに震災前の水準に戻ったとかよい年になってほしいものです。

> 音羽屋は尾上菊五郎のでした、母鳥とのえにしも思い起こしながらの新年です。
> なにかいい年になりそうな気配、あふみさんのブログが導いて下さるような♪

母鳥さんの時代なら六代目菊五郎ですね。
踊りの名手、実はわたしが習っていた日舞の流派は六代目さんから舞踊での暖簾分けを許されて
音羽流を起こしてできたのですよ。

Re: No title

いごうさん

> そういえば前年も牛尾観音だったですねぇ(≧ω≦)

よく覚えてますね☆

> 不精なオイラは鐘を撞きに行かずに家でぬくぬくしてました。
随分寒かったよ。
ただ人気寺院のように待ち時間もないし
あったかいおそばもよばれられるし
けっこうたのしい☆

> 「巳」の書、絵のようでもあり、字のようでもあり、不思議ですね( ̄ー ̄)
蛇の姿どうしても狙っちゃうよね(笑)
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。