FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺繍

道具のはなし

針山 

                                                photo :刺繍針


刺繍をするには道具を使いますがそのなかのいくつかを紹介します
まずなんといっても針がなければ始まりません

刺繍に使う針の長さは短く
手打のものを使っています
機械で作ったものとは刺し加減が全然違います
手で一本一本打ったものは先が鋭利で刺しやすい
そして折れにくい

日本刺繍では刺繍糸(釜糸)を自分で拠っていろんな太さにするので
針穴の大きさも何種類もあるんです

接写で撮ってるので針が巨大ですね
因みに緑の刺繍糸は写真の撮り台を使い釜糸を4本合わせて拠りあわせたものを
撚り棒をつかいさらに縒り合せて8本取りにしてあるんです 

着物などに刺繍をするときは2本取りや3本取りが多いですが
今は画面の大きなものに刺繍しているので太い糸にしてボリュームを出しているんです


撚り台 

                                                  photo:撚り台

コマ 
 
                                               photo:コマ

その刺繍糸を拠るのに使うのがこのふたつの道具

撚り台とコマ

T字型の台の上にフックがありますが
そのフックは使わずそのフックとフックの間に拠りたい糸を垂らしその糸の先にコマを括りつけて
コマのようにおもりを回して縒り合すんです なぜコマがふたつあるかというと
一度に長い長さの糸を撚れるようにほかに1か所フックを用意し
そこに拠る糸をひっかけてその両橋にコマをT字のより台にぶら下げて拠るんです。
撚り台とフックの距離が長いほど長い糸が撚れるというわけ。
片方のコマの上にいっぱい糸が絡まっているでしょう?
糸をくくりつけて最後切ってしまうのでどんどんたまっていくんです
片方は写真を撮ろうとして触っていたら糸くずが外れてしまったんです
糸くずが絡まっているほうが糸括りつけるとき簡単に絡まるので
糸くずは外さないほうが使いやすい・・・
細い竹のひごに最初直接括るときjは
すこし長めにぐるぐる巻きにしないとするりと抜けやすいんですね 

 

                                       途中経過2
                                       photo:刺繍台と写真中央横向きにおいてる木の棒はより棒

          説明してないといったいなになのかよくわからないと思いますが糸を手で拠るとき使うのがより棒
 普通刺繍台の枠は小幅(着物の反物の幅)で使うのですが写真は特別

 現在約120㎝幅120㎝高の作品を作っているのでホームセンターで
枠につかるような鉄パイプを探してきて無理やり刺繍台を作っちゃいました
あるものを使って長さの足りないところは継ぎ足して縛ってなんとか・・・・

道具って自分で使いやすいように工夫するですね

うちの工房にあるものは既製品もあるかれど

結構代用品や便利がいいように作ったものもおおいです。。(ぶかっこうだけど)
糸を巻いているものも竹筒羊羹の竹だったりラップの芯など使えるものをつかったりしています

刺繍でつかう道具ってどれもとても原始的
針だけはプロが作ったものでないとどうしようもないのだけど
ほかは結構なんとかなりそうです

今使っている刺繍の枠(タコ糸のかかっているところ)も
むかし母が若いころ家の出入りの大工さんに見よう見まねで
作ってもらった特注?品らしくてどうも出回っている刺繍台と大きさが少々違うらしいです



すこしずつですが作品も進んでいます。





                            
 

                     
スポンサーサイト
コメント

No title

素敵な日記ですね。
道具がどれも愛着ある感じが出ています。
作品の出来上がりが楽しみです。

先日大阪高島屋で、三条の喫茶葦島においている
徳持耕一郎さんの個展をしていました。
とても楽しく拝見しました。

Re: No title

> 素敵な日記ですね。
> 道具がどれも愛着ある感じが出ています。
> 作品の出来上がりが楽しみです。

ありがとうございます。

> 先日大阪高島屋で、三条の喫茶葦島においている
> 徳持耕一郎さんの個展をしていました。
> とても楽しく拝見しました。

高島屋で個展されていたんですね。
徳持さんの作品って軽やかで嫌味がなくってたのしくてわたしも好きです。
いいなぁ。

No title

全ては道具ありきなのですね。
針山一つにも・・・・・・
ご無沙汰しています。久々に美しい景色が見えました♪
襖が片開きなのも面白く拝見させて頂き、お住まいのご様子が垣間見られて‘笑

撚り台含めて・・・・・どれも美しいのです。ここから生まれるのですね!

No title

刺繍なんてやってるとこを目にすることがないもんで、どきどきしながら読ませていただきました。
うちも道具を使う職業なんで、手道具なんか売ってるものでこと足りればいいですが、自分で作った道具もいろいろあります。

その職業職種で使う道具がいろいろあって、知らない世界を垣間見るのはすごく楽しいですね。

Re: No title

シャれーどさん

ご無沙汰しております。
お元気にされてましたか。

> 襖が片開きなのも面白く拝見させて頂き、お住まいのご様子が垣間見られて‘笑

建具などにいつも目が行かれますね(笑)
この工房にしている部屋は聚楽壁ですが板間なんですよ。
この戸の向こうは踊り場と階段があります。

> 撚り台含めて・・・・・どれも美しいのです。ここから生まれるのですね!
道具にはどれも愛着があって使い勝手のよいものは美しいですね。

Re: No title

げんさん

ご無沙汰しておりました!

> 刺繍なんてやってるとこを目にすることがないもんで、どきどきしながら読ませていただきました。
自分の知らない仕事場って珍しいので気になりますよね。

> うちも道具を使う職業なんで、手道具なんか売ってるものでこと足りればいいですが、自分で作った道具もいろいろあります。

たぶん自分で作った道具・・そちらのは本格的なものになっていそうですね。
こちらのはほんとに原始的なものばかりですよ。

No title

わ、なんか凄い大きな刺繍してるじゃないですか。
これは着物用じゃないんですか?( ̄▽ ̄?)

既製品が出回って便利になると道具を工夫して使うって事を忘れてしまいますよね・・・困ったもんです(;^ω^)

Re: No title

いごうさん

> これは着物用じゃないんですか?( ̄▽ ̄?)

え、まさか(笑)
これはタぺストリーになりますよ。

> 既製品が出回って便利になると道具を工夫して使うって事を忘れてしまいますよね・・・困ったもんです(;^ω^)

でも無いとなるとアイデアがでてくるものです(笑)
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。