FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山歩き

己高山  雪山歩き

 林道を歩いて・・ 
                                             photo:己高山登山口 

朽木いきものふれあいセンター主催の 
”We love 山歩き~雪山登山・己高山~”に参加してきました

この己高山は古い時代の山岳信仰の山
近江の鬼門を守る山で鶏足寺を中心に栄えていた時代もあったのだとか

今回の山歩きは総勢17名での参加でした

己高山界隈の北近江は滋賀の中でも豪雪地域
冬に山に入るひとが少ないらしく・・・・

頂上まで行き着けるのか?
主催のセンターの方の説明では
途中の鶏足寺跡辺りで折り返せたらいいかな・・
ムリはしない、いけるところまでということでのスタートでした


集合場所からすぐの己高庵の下でかんじきをつけて
登山口まで30分ほど林道を歩きます

登山口以後は一面ヴァージンスノー 時々見かける小動物の足跡以外はなにもなく・・


ココからはずーっとラッセルで進行!
参加の老若男女順繰りかわりばんこで進むことに

       
まっさらのゆき 

                            photo :どこもフラット・・・なにもかもを覆い隠す雪



ラッセル、ラッセル~  

                     photo :ラッセルラッセル!

30センチぐらいは軽く沈み込む雪面を踏みしめるように歩いていきます
あとを順番に歩いていくと最後尾ぐらいになるとすっかりしっかりとした道に

振り返ったら絶景! 

                      photo :私のラッセルが終わったあと振り返ると!!


こんな風景を見るとしんどい思いもなんのその?
登っていてよかったとおもう瞬間


白い竹生島 

                              photo :雪化粧した竹生島

視界が開けて町の方を眺めると遠くにびわ湖と
うっすらだったけれど雪化粧した竹生島が望めました

神の島は白くお化粧をしてびわ湖に浮かんでいます



天辺がすぐそこに見える 

             photo : 背の高いはずの杉の木の天辺もこんなにちかくに


標高が上がるにしたがって雪は重い雪から
踏みしめるとキュッキュと音のする軽い雪へ
気がつくと見上げるような15mほどはある杉の木が
天辺がすぐそこに見えてます

頂上まであと一歩  

                                            photo:頂上は間近

ランチタイムが過ぎる頃には
中腹の鶏足寺跡で折り返す案もあったのに
強力なラッセル隊の働きのおかげで
頂上まで行ってしまおうと方針転換?
雪深くなった山肌ではどこでもラッセルをすれば進める状態で
GPSで確認すると当初の予定の道からはずれて
ショートカット(?)で頂上を目指して歩いているらしく
鶏足跡は通らずじまいになりました
(通っても埋もれてなにもわからなかったと想うけど。。)


頂上到着! 

                                  photo : タイムリミットギリギリに頂上に到着

頂上に着いたのは3時前です。
ほんとにタイムリミットギリギリでした
923m!でも5mほど雪が積もっているから
この日は928mほどあったかも!(笑)



己高山集合写真 

                                           photo:己高山頂上で証拠写真!


全員到着すると急いで登頂記念・・証拠写真をセンタースタッフのステキ女子お二人が参加者のカメラを
預かり次々とシャッターを切ってくださり

登頂の感動もそこそこに下山でした

本当ならこの並んで写っている背景には伊吹山が見えたはず・・・

が、途中晴れてたときもあったのに
天気予報どおり雪景色になってしまいました


・・・・・・・・・


山歩きをはじめた頃は冬は山歩きはお休み季節だと思ってたのに
これって冬山登山でした

雪道というのは足にかなり負荷が掛かるみたいので
これ以上の距離はムリかも(片道6キロ程度)

後半は足を引き摺ってしまいました

女子スタッフさんがトロトロ歩くわたしを待ってくださって
申し訳なかったです。。





己高閣 

                                 photo:己高閣

己高山は奈良時代 行基によって開基されたそうで
途中荒廃したのち最澄によって再興

長い長い山岳信仰の歴史があるところだったようですがが・・

昭和のはじめに火事によって鶏足寺が消失してしまって以来事実上廃寺
でも地元の人たちによって寺宝は助け出され
己高閣を建立、こちらに収蔵して現在も地元のひとたちによって
守られており寺宝は公開されています

一昨年の春に観音の里に出かけた際こちらにも伺い
お参りしました

あのときはすっかり雪もなかったですが
もともとこんなに雪深い山におまつりされていたのですね

今回はその場所には立ち寄ることはなかったけれど
もともとあった鶏足寺は本当に山の中

いまも連綿と守られている
信仰というものはと あらためて想うのです


スポンサーサイト
コメント

No title

己高閣は冬はこんなに雪深いところなんですね。
おお~って感じです。

どんどん体力がついていってるんじゃないですか。
その痩せたからだでスゴイですね。

私は都蝶々の還暦くらいのときに似てるかな。
タレメの感じがあんな感じ。
ふふふ^^

Re: No title

いっこさん

> 己高閣は冬はこんなに雪深いところなんですね。
> おお~って感じです。

いっこさんも観音の里界隈来られたんでしたっけ?
雪だらけでびっくりでしょう?

このあたり冬場は道から噴水が出ています。
雪国なんですね。

> どんどん体力がついていってるんじゃないですか。
> その痩せたからだでスゴイですね。

歩き始めた頃よりは体力も多少は付いたかもしれませんが
まわりの方たちのなかでいつも足を引っ張ってます・・・
ほんまみなさん健脚で着いていくのもなんとか。

> 私は都蝶々の還暦くらいのときに似てるかな。
> タレメの感じがあんな感じ。
> ふふふ^

蝶々さん似なんてとってもキュートな面差しですね
うふふん♪
たのしみだぁ☆

No title

素敵~。
こんな誰も歩いた事のない雪の道に 足跡をつけてみたい~☆

以前 雪が降ったばかりの明治神宮に行ったら
真っ白で綺麗な参道がのびていて感動した事がありました。
なんか すべてを洗い流す雨 すべてを覆い尽くす雪 という感じ。

Re: No title

ようこさん

> 素敵~。
> こんな誰も歩いた事のない雪の道に 足跡をつけてみたい~☆

まっさらの白い雪の上に足跡をつけるのは気持ちいいですよねぇ。
でもずっと雪深い新雪を歩き進めるのはなかなか大変ですよぉ。

> なんか すべてを洗い流す雨 すべてを覆い尽くす雪 という感じ。
雪って何もかもを消し去ってフラットにしてしまいますよね。

そこにヒノヒカリが当たって浮き上がるような白の風景って最高です☆

No title

バージンスノウいいですね~
しばらくお風邪でも?と案じてましたが、雪山を満喫してはったんですね。

Re: No title

りんごさん

> バージンスノウいいですね~
> しばらくお風邪でも?と案じてましたが、雪山を満喫してはったんですね。

本人はいたって元気にしておりまする~
すみませ~ん。ブログサボってました(笑)

No title

わあい わあい 素敵な景色。
いいな いいな って前も書きましたね 笑

こういう場所は知っている人と一緒でないと、そうそう
行けないですから いい体験なさっているなあ、とうらやま
しいですう。

Re: No title

ふうこさん

> こういう場所は知っている人と一緒でないと、そうそう
> 行けないですから いい体験なさっているなあ、とうらやま
> しいですう。

個人ではこんなトレースのない新雪の山登るのはムリですが、探すと雪山歩きのイベントの募集もあったりするので参加されてはいかがですか?

たのしいです。

すみません・・別件です。。某所でのいただいたコメントを自分のと間違えて消してしまいました。

No title

湖北の観音巡り、2度ほど尋ねました。無住の堂宇も近くに畑仕事をしている方に尋ねると、気さくに鍵を開けてくださったりお茶までいただいたり、のんびりながら、ほっこりする観音巡りでした。それが皆国宝、重文クラスの十一面観音。湖北は凄いところと思います。

己高庵もそんな時に1泊しました。鶏足寺跡も尋ねましたが、冬山歩きは私には思いもよりません。

Re: No title

はるさん

> 己高庵もそんな時に1泊しました。鶏足寺跡も尋ねましたが、冬山歩きは私には思いもよりません。

下山のあと予定では己高庵でお風呂に入って帰る予定が時間がおそくてタイムアウトでした
なので最近できたところでしょうか?北近江の湯っていう温泉に入って帰って来ました。

この日のお土産は冨田酒造に寄って「七本槍」でした☆

No title

ラッセルまでしちゃって雪山登山ですかぁ(≧ω≦)
どんどん本格的になっていってますねぇ。
こんなに積もってる雪に足跡をつけてみたいです(o ̄∀ ̄)ノ
稀にある雪の日でも朝が遅いので大抵誰かの足跡がついてるのだ(*´д`*)

Re: No title

いごうさん

> ラッセルまでしちゃって雪山登山ですかぁ(≧ω≦)
> どんどん本格的になっていってますねぇ。

お散歩程度にはじまった山歩きだったはずが気がついたら
変わってきてるよねぇ。本人が一番驚いてます(笑)

> 稀にある雪の日でも朝が遅いので大抵誰かの足跡がついてるのだ(*´д`*)
ふふ。己高山ならゆっくりでも新雪の可能性あり!
誰も会わなかったもの!!
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。