スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展覧会

東京1,5日間

  初雪の東京国立博物館平成館 

                                       photo:雪の東京国室博物館平成館 上野  東京


 8年ぶりの東京は雪でした 初雪だったらしいです
始発の新幹線での東行きでしたが
小田原あたりから徐行運転で 東京がどんな状態が案じられましたが
着いてみたら雪はちらついていましたが 地面には雪はなく安心しました

最初の目的地は東博
北京故宮博物院200選展
目玉の清明上河図がとんでもなく混雑してなかなか展示会場にすら入れないと聞いていたので
9時までには会場について雪の中並びました

その目玉は最初から見るのをあきらめ(日曜美術館で詳細を紹介されていたのでそれでガマン)
工芸品や書を堪能しました
青磁のウツワや書など・・・工芸品はとくに実物を見ないと質感や色がわかりません
寒い思いをして待った甲斐はあったと思いました


seibi.jpg 

                                     photo:国立西洋美術館  上野 東京

次に伺ったのがおとなりの国立西洋美術館
ウイリアムブレイク版画展
柳宗悦とも交流のあったウィリアムブレイクの展観
混雑した東博のあとコルビジェの建築の中ゆったり1人と見る銅版画
そのほかの常設展示の中にもハンマースホイがあったり
静かな世界を堪能できました

myway.jpg 

                             photo :原美術館 品川 東京

そのあと品川に移動して伺ったのが原美術館
ジャン・ミシェルオトニエル:ワンウェイの展観


いつもは撮影禁止が今回の展観に限り会場のほとんどで写真OK
ガラス玉の作品のきれいなこと、参加型の映像作品の面白いこと
文句なしにたのしめちゃう展観
思わずはしゃいであっちうろうろこっちうろうろ
してまいました

東京写真美術館 

                 photo:東京都写真美術館  恵比寿 東京

その次は恵比須に移動して東京都写真美術館へ
写真の飛躍
写真は見るのも撮るのも結構好きで(とは言っても
コンパクトデジカメで撮る程度ですが)いままで写真とは一瞬を切り取るものと
認識していたものを鮮やかに覆してくれた展観でした
写真ってココまで作りこむ作品もあったんだ認識が変わりました 
時間があったので訪ねてみることにした美術館だったけれど エキサイティングなひとときになったのでした







夜の明日館 

                                photo:
自由学園 明日館 池袋 東京





フランクロイドライトが設計して日本で見ることができる数少ない建物のひとつ
芦屋のヨドコウ迎賓館の見学に行ったあと友人に自由学園のことを聞いて
いつか機会があればと思っていた明日館 ちょうど月に一度の夜間見学日だったので
伺うチャンスに恵まれました

学校という機能を重視される空間の中にそれに相応しい
美しい意匠がちりばめられていました

こんな学び舎で学べた子どもたちが羨ましい

自由学園 明日館 

                                     photo:夜の明日館 池袋 東京




東京二日目

明日の神話 

                                   photo:明日の神話 岡本太郎  渋谷 東京

二日目の朝はお土産のうさぎやのどら焼きを買ったあと渋谷から駒場に移動するのに
井の頭線へ移動としようと歩いたいたらいきなり視界に入ってきた

岡本太郎の 「明日の神話

万博の縁があり大阪に設置するとか太郎のいた東京に設置するとかいろんな案があったあと
東京に設置されたという話は聞いていたけれどどこで見られるのかは実は知らなくて

ビックリして鳥肌立っちゃいました

都会の雑踏でとてつもないエネルギーを感じちゃいました




RIMG0065.jpg 

                   photo :日本民藝館 柳宗悦旧居 駒場 東京

いつかは伺ってみたい・・そう思っていた日本民藝館
特別展も大好きなスリップウェアと西洋工芸
伺った日はこれまたいいタイミングで西館(柳宗悦旧居)の公開日

民藝館といわれるところへは今までも大阪、鳥取、・・・何箇所が伺ったことがありましたが
民藝という言葉を生み出した張本人の家はやはり・・・
柳宗悦の目で選ばれたモノたちはどれも本当に美しくて

居ここちいいな


根津美術館  

                        photo: 根津美術館 青山 東京
   
駒場から渋谷に戻り 青山の根津美術館へ
お目当ての展観は
百椿図 椿をめぐる文雅の世界





日本のフラワーアレンジメント いけばなと いろんな種類の園芸種
当時の超セレブなひとたちが和歌や俳句などをかいていて

この一冊に当時の華やかなカルチャー模様がぎゅっと凝縮している



二日間に予定していた展観に岡本太郎は私にとってはサプライズ
このあと大宮に移動したのでした












スポンサーサイト
コメント

舞い踊る初雪のお迎え

京の都から初詣にきたあふみさんを初雪が迎えてくれたのでしょうか。

気温は低くてもたくさんの美術が暖かく歓迎してくれたようですね。
まずは上野の美術の森に始まって和洋・書・絵画など様々な美術を堪能されてあふみさんが微笑んでいるのが見えるようです。


No title

とっても充実した美術館めぐり、というか一つの展示でお腹いっぱいになってしまう私には驚異的です。
たくさん良いものをご覧になれてよかったですね。

ガラス玉、きれい、これは見てみたいです。

渋谷駅ね、行きかう人、ほとんど気にせず通り過ぎているでしょ。
それが、ね、ある意味 すごいなあって私、初めてみたとき思いました。

No title

素敵な東京のアート探訪…あふみさんならではの日記ですね。
ジャンミッシェルのガラス玉アートとても興味深いですね。
書に建築にアートに、胸キュンしてはるあふみさんをおもい浮かべながら拝見させて頂きました。

Re: 舞い踊る初雪のお迎え

あとらんさん

> 京の都から初詣にきたあふみさんを初雪が迎えてくれたのでしょうか。

風は強いし横殴りのみぞれで傘はひっくり返っちゃうしすごいお出迎えでしたよ。
実は京おんなかなり困ってしまっていたのでした(笑)

> 気温は低くてもたくさんの美術が暖かく歓迎してくれたようですね。

アートのシャワーには感激。
西洋美術館は版画展のことしか考えてなかったですが常設展示とてもよかったです。

Re: No title

ふうこさん

> とっても充実した美術館めぐり、というか一つの展示でお腹いっぱいになってしまう私には驚異的です。

地元だったらこんなに一挙にまわりません。
だって今度私が東京に行く機会はあるかどうか。。まったくの未定ですから。チャンスのあるときにって感じです。


> ガラス玉、きれい、これは見てみたいです。

面白いですよ~
参加型の展示もあるので童心に返れます(笑)

> 渋谷駅ね、行きかう人、ほとんど気にせず通り過ぎているでしょ。
> それが、ね、ある意味 すごいなあって私、初めてみたとき思いました。

その対比も面白くて歩いている人といっしょの写真が撮りたいって思いました。

いつもあったらそんなものなんでしょうねぇ。
太陽の塔だって見慣れたらすっと横切ってるのとおなじ。


Re: No title

りんごさん

> ジャンミッシェルのガラス玉アートとても興味深いですね。
やっぱりこれ気になりますか。
女子好みかもしれませんね。
東京には現代美術の個人美術館が沢山あるみたいでたのしそうです。

> 書に建築にアートに、胸キュンしてはるあふみさんをおもい浮かべながら拝見させて頂きました。
刺激的な二日間でしたよ☆

この前日にアメニモマケズの講演行っていたんでしたよね。もう超刺激的な時間のはじまりは龍大からだったといま思い出しました(笑)

No title

昨日、拍手の方からコメント送ったつもりだったのですが、反映されてないようなので、懲りもせずまたコメントしました。

さすが、山で鍛えたあふみさんでなければありえない強行軍。すごい収穫のようでしたね。

北京故宮博物院展、名古屋でも正月を挟んでありましたが、それだけで十分なくらいなのに・・・。

宝石箱♪

あふみさんがお江戸に行かれたらさぞかし・・・とは思っていましたが
精力的にまわられましたね!

もうもう、パソコンに首を突っ込んでしまいそうになるくらい(笑)
ツボにはまってしまいました(笑)
あふみさんのセレクト、流石です♪

東博の行列、凄いですねぇ。
でも並ばれた甲斐がありましたね☆
名古屋へ行ったとき会場の近くまで行きながら時間切れでした(汗)
友人に図録を見せてもらうだけでため息モノでした。。。

日本民藝館は私も何年か前の一月にお邪魔したんですょ。
最寄り駅から凍った雪の残骸で滑りそうになりながら辿り着いた記憶が蘇ってきました。
そのころ西館は修復中?だったかで入れずに後ろ髪をひかれました。

自由学園も光があたるとよりいっそうラインが際立ちますね。
東京の友人も時折行くそうです。


素敵なブログをありがとうございました!

Re: No title

はるさん

> 昨日、拍手の方からコメント送ったつもりだったのですが、反映されてないようなので、懲りもせずまたコメントしました。

あれ?拍手コメントははるさんでしたか。
拍手の欄からのコメントはこちらには反映されないんですよ。
それに名前欄にタイトルがはいってどなたかがわからなくこまっちゃった。
コメントはこちらへ直接下さるとうれしいです。

> さすが、山で鍛えたあふみさんでなければありえない強行軍。すごい収穫のようでしたね。

平地だし地下鉄やJRを使っているので大丈夫ですよ。
今度いつ来れるかわかんないと思えばテンションも上がるというものです(笑)


> 北京故宮博物院展、名古屋でも正月を挟んでありましたが、それだけで十分なくらいなのに・・・。
名古屋展も混んでいたんでしょうね。
でも東京は別格なんでしょうか。。とんでもなかったですよ。

私は清明上河図は見ることができませんでしたが 山水図とか 明代の碑文の拓本とか(これ原本は大地震で無くなってるんですよね) 工芸品・・はしっかり見ることができました。春さんも行かれていたんですね!

Re: 宝石箱♪

ふづきさん

> あふみさんがお江戸に行かれたらさぞかし・・・とは思っていましたが
> 精力的にまわられましたね!

時折東詣でされているふづきさんがいつも羨ましかったんです(笑)
今回は思わぬ理由で東京に伺えてラッキー♪♪

> もうもう、パソコンに首を突っ込んでしまいそうになるくらい(笑)
> ツボにはまってしまいました(笑)
> あふみさんのセレクト、流石です♪

パソコンに首をつっこむ(笑)丁度いい時期だったみたいで見たいものがいっぱい。
実は汐留の「今和次郎最終講義」気になっていたんですが今和次郎を取り上げた展観が大阪(民博)でもあるらしいということを聞き今回はやめちゃいました。

> 名古屋へ行ったとき会場の近くまで行きながら時間切れでした(汗)
> 友人に図録を見せてもらうだけでため息モノでした。。。
絵画は図録などのほうがよくじっくり見れるかもしれませんね。
会場は暗いし人がいっぱいでゆっくりは見られる状況でもないし・・

> 日本民藝館は私も何年か前の一月にお邪魔したんですょ。
> 最寄り駅から凍った雪の残骸で滑りそうになりながら辿り着いた記憶が蘇ってきました。
> そのころ西館は修復中?だったかで入れずに後ろ髪をひかれました。
そうだったのですねぇ。東大の時計台の前のところから電車道沿いだらだら坂でしたから雪がついたマンマ凍っていたら大変だったのでは??
西館は月1回の開館みたいですから修復中だったか休館日どっちかですね。

> 自由学園も光があたるとよりいっそうラインが際立ちますね。
> 東京の友人も時折行くそうです。

窓の桟がほんと美しくて・・
東京の友人が私が東京に行くというのを知って公開しているのを教えてくれたんですよ。
もつべきものは友人ですね。

東京に行くとつぶやたら何人もの方がいろいろ教えてくださっておのぼりさんの私は随分助かりました☆

No title

岡本太郎の 「明日の神話」
写真で見ると感じませんが、目下で見ると迫力に圧倒されます。
撮影場所の渡り通路からみると、全体が見えて凄いです。

原美術館自体アートな感じなので好きです。
奈良さん好きなので更に♪

Re: No title

ぬ~くん

> 岡本太郎の 「明日の神話」
> 写真で見ると感じませんが、目下で見ると迫力に圧倒されます。

真下から見上げるとその大きさに圧倒されますね。
よくぞこわされずに残っていてくれたという感じです。

> 撮影場所の渡り通路からみると、全体が見えて凄いです。
場所もわかるんですね。
東京はよく行くのかな。

> 原美術館自体アートな感じなので好きです。
> 奈良さん好きなので更に♪

程よい大きさでいい空間ですね。
ここって奈良さんの展観もするのね。
来月は杉本博司さんやそうです。
それもよさそう。

No title

驚くほど精力的に廻られたのには驚きました。
東京住まいの私でも1.5日では無理そうですよ。

きっちり計算された廻り方です。しかも素敵な美術館ばかり。
原美術館、日本民芸館、あれっと思ったのが根津美術館でした。
景色が違う?調べてみますと2008年に新館がでしたか、いい写真ですね♪

明日館は毎月第三金曜日は夜間見学が、お酒付きもありの粋なはからいが♪

Re: No title

しゃれーどさん

> 東京住まいの私でも1.5日では無理そうですよ。

地元ならこんな忙しないスケジュールは組みませんよね。
なかなか来れないのでエイやってスケジュール詰め込みました(笑)

> 原美術館、日本民芸館、あれっと思ったのが根津美術館でした。
> 景色が違う?調べてみますと2008年に新館がでしたか、いい写真ですね♪
これは地下(根津美術館は坂に建っているのですか?2階がメインロビーになってました)
に降りた階段のところに梵鐘が。。
広々としたメインロビーの写真はなんだか当たり前すぎてつまんなかったので。。

> 明日館は毎月第三金曜日は夜間見学が、お酒付きもありの粋なはからいが♪
なかなかステキでしょ?

実はこのあと友だちと上野駅の駅長室の貴賓室をリノベートした
フレンチBrasserie Lecrinで友人と会食の約束があったのでお酒はやめときました(笑)

No title

随分と精力的に廻られたんですねぇ(≧ω≦)
って、オイラも東京に行った時は詰め込んだけど(*´д`*)
東博、混む時は激混みなんですよねぇ・・・
目玉作品はパスしちゃいましたか。
正解かもしれないですねぇ(^^)
オイラとしてはウイリアムブレイク版画展と根津美術館が一番気になります。
でも、なかなか東京までは行けないしねぇ(;^ω^)

今日、京都文化博物館の北斎展行ってきました。
昼過ぎだったせいか、まだ始まって間もないのに凄い混み様でした(;^ω^)
その後は貸しギャラリーで『徳持耕一郎展』をやってる「喫茶葦島」に。
タイミングの悪いことに午後3時というゴールデンタイムに入店してしまいゆったりと百年喫茶を・・・という雰囲気では無かったです(*´д`*)
何事もタイミングは大切ですね(^^ゞ

Re: No title

いごうさん

> って、オイラも東京に行った時は詰め込んだけど(*´д`*)

そうでしょ?
めったに行けないとなると必然的にそうなるよね~~

> オイラとしてはウイリアムブレイク版画展と根津美術館が一番気になります。
> でも、なかなか東京までは行けないしねぇ(;^ω^)

ウィリアムブレイクよかったです!次の日に行った民芸館や大阪の柳展などでウィリアムブレイクと柳の接点を知るにつれますます興味深いです。(民芸館でもウィリアムブレイク展)したことがあったみたいね。
根津のカメリアは可愛かった☆

> 今日、京都文化博物館の北斎展行ってきました。
> 昼過ぎだったせいか、まだ始まって間もないのに凄い混み様でした(;^ω^)
そんなに混んでいたの!!
わたしはまだいけてない。。
初版が多くとても貴重なのだとか。
わたしもはやく行かなくちゃ!

> その後は貸しギャラリーで『徳持耕一郎展』をやってる「喫茶葦島」に。
> タイミングの悪いことに午後3時というゴールデンタイムに入店してしまいゆったりと百年喫茶を・・・という雰囲気では無かったです(*´д`*)
> 何事もタイミングは大切ですね(^^ゞ

あらま~
わたしはそんな混んでいるときには行ったことないのよね~

アイアンのオブジェオモシロイよね。元々版画をされていた方で線にこだわりがあってアイアンの作家に転向されたって聞きました。

No title

岡本太郎の、スゴイですね!
一目みたいものです。

日本民芸館も行ってみたい。
日曜日に大阪歴博の「柳宗悦展」に行ってきました。
楽しかったです。
白樺の岸田劉生が表紙を担当したの、一冊欲しいなって思いましたよ~。

Re: No title

いっこさん

> 岡本太郎の、スゴイですね!
> 一目みたいものです。

明日の神話のことは話題にもなっていたので知ってはいたんですが
渋谷の駅通路にあるなんて知らなかったので
不意打ちでした。ド迫力ですよ。
東京に行かれることがありましたら是非。

それと・・先日なんばの高島屋の万福寺展のあと
ご飯を食べて返ってきたんですが(レストラン街ははじめて!広いですね~)
そこにも太郎さんのタイルの作品あるんですね♪

> 日本民芸館も行ってみたい。
> 日曜日に大阪歴博の「柳宗悦展」に行ってきました。

あ、先日大阪に行ったときわたしも柳展行って来ました☆
本家のあとだったので再現展示・・結構良く出来てるなぁなんて(笑)

本家はやはりいいです。
柳旧居も日にちが合えば見ることができるので公開日にあうと得した気分ですよ。


> 白樺の岸田劉生が表紙を担当したの、一冊欲しいなって思いましたよ~。
よかったですね。
いまさらながら白樺派ってすごいわ~って思うのです。
名だたる作家や思想家が集っていたんですよね。。。

No title

月曜もなんば高島屋でランチしました。
たまに行くのですが、岡本太郎はどのあたりに。
今度探してみます。

Re: No title

いっこさん

> 月曜もなんば高島屋でランチしました。
> たまに行くのですが、岡本太郎はどのあたりに。

ほお!大漁見てこられましたか?
昨日の日曜美術館で取り上げられていましたね☆
私は今回は図録を見るに留まってしまいました(笑)

> 今度探してみます。
レストラン街の端っこなんですがたしかエスカレーターのあるところでしたよ。
探してみてくださいね。
あとその原画は美術画廊の前にあったはずです。

トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。