スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風景

蓮華寺

renngeji   
    
                                                                    写真:洛北 蓮華寺       左京 京都 



先日、洛北まで車を走らせる 用事ができて 
早朝京都市街の北の端まで出かけてきました
用事が終わって 時計を見るとまだ午前9時 

そのまま引き返すのはもったいなく思い 
今年の秋はまだ伺ってない蓮華寺に行くことを思いつきました

名残の紅葉・・・
もう散紅葉だけかも知れないと思いつつ
それでも まあいいかと車を走らせました

着くと御住職が庭掃除されているのが見えてます


玄関先の大きな公孫樹の木の葉はすべて落ちて
地面の落ち葉も色は変わりつつあり・・・


庫裏に入って受付の方がすわってらっしゃるのを見つけると

「紅葉はもう終わってしまいましたか?
今朝こちらに用事があったので来て見ました」

すこし申し訳なさそうに

「なごりですけど、どなたもいらっしゃいません。どうぞごゆっくり。」

京都の紅葉の名所の寺院の中では比較的静かなこの寺院も
紅葉の季節は観光バスもはいるし
一般の観光客も全国からいらっしゃる

早朝とはいえこんなことは初めて

ほとんど枝からはら葉が落ちてしまっていたのですが
ガクブチ庭園の丁度目に付く一本が最後の力を振り絞るように紅々と色づいていました

庭の池は山から流れ落ちた透き通る清水
先ほどまで鏡のようだったが風が吹くと
その鏡一面に散紅葉が浮いて
またひと吹きすると端に流れていきました

niwasouji  
                               写真:庭掃除   蓮華寺 左京


モクモクと落ち葉を掃いてらっしゃるご住職
風が吹くたび上からはらはら紅葉が落ちてくる

「掃いても掃いても落ちてきますね」

そうしたらそれに気付いた御住職は上を指して

「限りはあるから・・・」

見上げると楓の木はほとんど枝だけになってあと少し紅い葉がのこるのみ
なんだか限が無く不毛だといわんばかりの私のひとことが恥ずかしくなった

カタチあるものには何にでも限りがある

「今年の紅葉ももう終わりですね」

そう言うと御住職は

「ここの紅葉も五十年後にはきっともう見れなくなる
お隣の家では南国の植物が結構大きく育って実が成ったらしい
そのうちにこのあたりににもバナナやパイナップルを栽培してるかもしれない」

12月半ばにまだ紅葉が残っている

遅い紅葉は今年だけだろうか

五十年後京都から紅葉が無くなるかもって・・・


スポンサーサイト
コメント

No title

一人で名庭をゆるりと眺められるなんてとってもラッキーですね。あふみさんの日頃の行いでしょうか☆
”カタチあるものには何にでも限りがある”だから美しいく思えるのかもしれませんね。その時々出会ったものものを大事にしないとって思います。

Re: No title

すももさん

> 一人で名庭をゆるりと眺められるなんてとってもラッキーですね。あふみさんの日頃の行いでしょうか☆
もう今年はチャンスがないと思っていたのでよかったです。
いつでも行こうと思えば行ける距離なんですがなかなか伺えないですし。

> ”カタチあるものには何にでも限りがある”だから美しいく思えるのかもしれませんね。その時々出会ったものものを大事にしないとって思います。

その一瞬、一瞬代りはなくてそのときしかないんですよね。

No title

散り紅葉にしては・・・なんと艶っぽい色気が・・・・
「限りある」と・・・・そう仰ったご住職が野暮天に見えてしまいました(笑
蓮華寺の池・・・素晴らしく透き通った水・・・・・

此の名園を・・・・ご住職の竹箒の早さからも・・・・その美しさが伺えます♪
名残り・・・・・よい目の保養をなさいましたね♪

No title

蓮華寺。名残の紅葉も素敵ですね。
お写真を見せて頂きありがとうございました☆

私はこちらのお寺さんへはまだちょっと緑が残っているかな~位の色付き始めの頃によくおじゃましています。
緑から黄色、橙、紅へ 色がグラデーションになっているのが美しくて、毎年たのしみです?

去年副住職さんが仰っていました
「十年前の冬はもっともっと寒かった、
だからモミジも今よりずっと赤々としていたのだけどね」と。

ここ数十年で温暖化も進んでしまったのだろう…と
副住職さんのお話を振り返りながら思うのです。

蓮華寺さんに来ると色々なことを感じます。

No title

名残の紅葉、まだ残っているのですねぇ(*´д`*)
贅沢な空間の独り占め、羨ましいです(^^)
今日、オイラも紅葉を見つけて「まだ残ってる。珍しいなぁ・・・」って思ってたんですけど、温暖化のせいで散る時期が全体的に遅くなってるんでしょうか。
50年後、パイナップルはともかくインドボダイジュなら植わってるかもしれませんね(;^ω^)

No title

またまた良い時間をお過ごしだったんですね。
伺ったことがないお寺です。


温暖化は笑い事じゃすみませんね。
便利なものを捨てる決心はなかなかつきません。
でも、紅葉がみられなくなるって言われたら・・

No title

こんばんはo(^▽^)o
趣のある写真ですね。何となくほっとするのはなんでやろ?
(笑)
私も結局あふみさんの後に続く事にして、mixiをおいとますることにしました。
どこかに新しくブログを立ち上げようかなとも思ってます。

Re: No title

しゃれーどさん

> 散り紅葉にしては・・・なんと艶っぽい色気が・・・・

まさかまだ拝見できるとはおもいも寄らず

> 此の名園を・・・・ご住職の竹箒の早さからも・・・・その美しさが伺えます♪

よく手入れが行き届いているんです。
気持ちがいいですよね。

Re: No title

たーちんさん



> 緑から黄色、橙、紅へ 色がグラデーションになっているのが美しくて、毎年たのしみです?
そうですね。
わたしも一昨年だったかな去年だったかにそのグラデーションのお庭拝見できました。
息をのむ美しさでしたよね。

Re: No title

いごうさん

> 名残の紅葉、まだ残っているのですねぇ(*´д`*)
まだ残っていたのよ~♪

> 50年後、パイナップルはともかくインドボダイジュなら植わってるかもしれませんね(;^ω^)
ホントだ。インド菩提樹や 本家の沙羅双樹 インドの祇園精舎でなくても植わっているのかもね。

Re: No title

いっこさん

> またまた良い時間をお過ごしだったんですね。
> 伺ったことがないお寺です。

京都の紅葉では私はここがすきなんですよねぇ。
(もちろんご近所の毘沙門さんも大好きだけど)

観光寺院独特のなんとなくちょっと残念?みたいな感覚もないし
こじんまりしているんですがガクブチの中にいろいろな変化も楽しめ  静かなのもいい。

お茶人さんの間には有名な蓮華寺式灯籠の本歌もありますし(青蓮院に写し見つけました!)
本堂には火災避け?の蝉(蝉時雨)なんかもいてコンパクトな中にもみどころのおおい寺院だと思います。

> 温暖化は笑い事じゃすみませんね。
> 便利なものを捨てる決心はなかなかつきません。

いやほんとに。
言うのは安し、でも行動に起こすのはなかなか大変。
でも出来る範囲でもみながすこしづつ気をつけるだけでも違うんじゃないでしょうか。

Re: No title

りんごさん

> 趣のある写真ですね。何となくほっとするのはなんでやろ?
> (笑)

ここええでしょ。
誰でも受け入れてくれるような親しみ安さもこちらの魅力なような気がします。

> 私も結局あふみさんの後に続く事にして、mixiをおいとますることにしました。
> どこかに新しくブログを立ち上げようかなとも思ってます。

決断されたみたいですね。
新しいりんごさんこれからもよろしくね☆
あれ?ブログ持っていたんちがったっけ?
よかったおんなじFC2は如何?(笑)

No title

目の前に新年を迎えようとしてるのにまだ紅葉があるなんて、なんて
変な気候なんでしょうね。

先週、九州まで行って来ましたが、やはり関西よりはもっと紅葉の
時期が後かも。

あけましておめでとうございます、って紅葉の下で挨拶してたりして(汗)

Re: No title

ぱぱさん

> 目の前に新年を迎えようとしてるのにまだ紅葉があるなんて、なんて
> 変な気候なんでしょうね。
以前の日本とは確実にずれてきているのかも知れませんね。

> 先週、九州まで行って来ましたが、やはり関西よりはもっと紅葉の
> 時期が後かも。
やっぱり遅いのですね。

> あけましておめでとうございます、って紅葉の下で挨拶してたりして(汗)
なんかそれは避けたい幹事が。。

雪と紅葉が一緒なんて。。

でも雪の桜っていうのをみたことあったかも。。。

No title

蓮花寺へはまだ足を踏み入れたことがありません。

苔のきれいなお庭の写真は何度か拝見しているのですが、名残の紅葉の写真は初めて見ました。
鏡のような池の水面が、風が吹くと落ち葉で彩られ、また風が吹くとその落ち葉が周囲に散っていく…
頭の中に情景を描くと、とっても素敵です。

何にでも限りはある…
人の命にも限りはあるのですね。ご住職はその辺りも感じていらっしゃるのでしょう。
限りある命を、精一杯、この公孫樹のように最後まで粘って生きたいですね。

Re: No title

こまちさん

> 蓮花寺へはまだ足を踏み入れたことがありません。
小さな寺院ですものね。

> 何にでも限りはある…
> 人の命にも限りはあるのですね。ご住職はその辺りも感じていらっしゃるのでしょう。

何事においてもすべて。いのちがあるものにはかぎりがあるということを含めてたしたようにわたしも思いました。


> 限りある命を、精一杯、この公孫樹のように最後まで粘って生きたいですね。
最期のそのときまで生ききってこそですね。

トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。