スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風景

討ち入りの日  12月14日 

岩屋寺 

                         写真:岩屋寺 山門  西野 山科

 
時は元禄15年12月14日(1703年1月30日)夜、大石内蔵助以下四十七士は
吉良邸へ討入りました 

事件が起こった12月14日は旧暦だから真冬
雪のちらつく寒い日だっただろうと思います


そして山科で毎年行われる山科義士祭
も毎年寒い印象があるのです

・・・・・・・・・・・・・・・・

東京から入洛中のお友だちがこの12月14日に山科の忠臣蔵ゆかりの地を歩きたいと
山科に遊びにやってきました

京都好きの友人はつい先日京都検定が終わり受験勉強から開放されて
ようやく大好きな京都にやってきたのです

待ち合わせは四ノ宮地蔵さん(徳林庵)の前で
車で迎えに行く友だち の姿が見えました
本名で声を掛けたら一瞬驚かれていました

まずはお祭りで人があふれている山科駅周辺は避け
大石内蔵助ゆかりの岩屋寺

こちらには4年前義士祭にご奉仕させて以来の参拝で
境内などはほとんど見ずだったので
私も友だちとともに楽しみにしていました

御詠歌 法要中 

                        写真:岩屋寺本堂 西野 山科

丁度岩屋寺に着いたときには御詠歌を上げ法要中

いつもはほんとに静かと聞くこの尼寺ですがこの日は
一年で一番にぎやかな日なのかもしれません



四十七士木像 
 
                             写真:四十七士木像  岩屋寺 西野 山科
 
寺宝の納められていた部屋に入ると四十七士の木像が納められています
ほかには(そこは撮影禁止だったけど)大石内蔵助が毎夜放蕩していた
一力での酔った勢いで描いた画が掛かっていました
仇討ちを密かに待っているのを匂わす一幅で
次の日に慌てて間違ったところがあるからと取り返してきて
いまこの岩屋寺に伝わっているものなのだとか

ボランティアガイドの方の話によると山科から毎夜一力茶屋に通ったと
どうしていたんだろうと思っていたら
一力は一力でも祇園の一力ではなく伏見のほうにも支店(?)みたいなものがあり
どうもそちらに通っていたらしいです

なるほど・・・先日このあたりから山を越えて伏見にでたけどそこから
また祇園へはまだまだ時間がかかるなと思ったのです

友だちの東京のお住まいの近所にも忠臣蔵ゆかりのお店などが残っていて
ボランティアのおじさんと話が弾んだのでした

で、このおじさんの顔どこかでみたことがあると思い
もしやと思い4年前の義士祭に瑤泉院 でご奉仕したというと
その方も大石内蔵助に扮したことがあったと
でもわたしの年の方はいつも地域で朝晩立ち番をしてくださってる顔なじみのおじさん

う~んどこでご一緒した方だろうと思ったら
なんと最近までおなじ町内に住まれていた方でした
お祭りには毎年かかわってらっしゃるようです

世間はせますぎるのです


岩屋寺を出ると外では甘酒を接待をされていて
甘酒をすすりながら意外に温かだったこの14日のことを
スタッフの方たちと

「こんな温かい討ち入りの日ってめずらしいですね」

4年前の12月14日も寒くて寒くて・・
首筋から風邪引きそうで指先も凍えそうで・・・


・・・・・・・・・・・・・


そのあと友たちと近所に古くからあるカフェ「再會」でランチをして

せっかく車で案内するのだからと足をのばして逢坂山を越えて三井寺まで

三井寺金堂 
  
                        
写真:三井寺 金堂  大津

おともだち京都が大好きで何度も来られているのにすぐお隣の滋賀には一度も来たことがなかったのだとか
そんな話を聞いていたので実は拉致してでもお連れしたかった 
わたしの大好きな あふみへ(笑)

三名鐘のうち音の三井寺 「三井の晩鐘」の音色も堪能していただきました


すこしはあふみにも関心もってくださったのでしょうか(笑)


帰京の時間も迫ってくる中やはり忠臣蔵ゆかりの
毘沙門堂にお連れして 動く襖絵を見ていただき
テレビCMになった勅使門の階段も紹介

山科義士祭の出発点なんですが
実は四十七士の処分の取り決めにかかわったのが
荻生徂徠と門跡寺院、毘沙門堂の
公弁法親王
ということでゆかりの寺院なんだそうです

こちらではお友だちの友人が東京から移り住んで今は毘沙門堂にご奉仕されていて
今回紹介を受けました まわりまわってまたつながり 不思議な縁を感じてしまいます

帰り瑞光院(四十七士の遺髪があるお寺)を通り山科駅まで送りました



最後は 文中でてきた四年前の瑤泉院の証拠写真

祭のはじまるまえに 

             写真:毘沙門堂勅使門の下で  2007,12,14

東映の床山さんと衣装さんが付きっ切りで御支度してくださいました


瑤泉院 


この衣装ね・・衣装さんが着付けるいときに新調したてできれいな衣装でよかったねと
言ってくださっていました・・・

この出演以後しばらくして時代劇で有名女優さんが着てらっしゃるの見ましたよ(笑)






スポンサーサイト
コメント

光景が目に浮かびます

あふみさん
こんばんは。
山科&あふみ(笑)散策 楽しく日記を拝読しました。
最後に瑤泉院姿のお写真もありがとうございます☆

東京からのご友人は私もお会いしたことのある あのお方ですね♪
私は今年の夏に東京の宝生能楽堂でご一緒しました。

三井寺。そして膳所や唐橋のたもと。
私も連れていって頂いたことを思い出しました。

もう、そんなになるのですか!

あの写真を拝見してから・・・・もう四年が経ちましたか。
凛々しい表情に今更ながら惹かれる私です。
中学生になった年に一人で泉岳寺に、義士祭のお線香の煙に驚きをおぼえました。
瑤泉院と云えば【南部坂・雪の別れ】を思い出します。
討ち入りの決意を胸に訪ねた内蔵助。。。。告げられずに雪の南部坂を涙して下る・・・・
真山青果の筆に依るのですが、歌舞伎の名場面の一つだと思います。

この時期に入洛された方、おそらく私の親しい人だと・・・・検定の結果の良い知らせを待っています♪
そうそう・・・あの三井寺の晩鐘も・・・・耳にしたいと願っていたのですが。

まさに瑤泉院の証拠写真 のまなざしを見詰めながら、私も大吟醸の酒粕を溶いた甘酒をすすっています♪

Re: 光景が目に浮かびます

たーちんさん

ようこそあふみのブログへ(笑)

> 山科&あふみ(笑)散策 楽しく日記を拝読しました。
たーちんさんは再会以外今回でてきた場所はすべてご存知ですよね。

> 最後に瑤泉院姿のお写真もありがとうございます☆
以前ご紹介したのではないショットです。
舞台裏の写真4年前はまさかアップデートするなんて思いもしましたが(笑)
ブログを書きながら4年前を懐かしく思い・・・山科案内した話からは随分ずれた内容に。

> 三井寺。そして膳所や唐橋のたもと。
> 私も連れていって頂いたことを思い出しました。
瀬田唐橋も通りましたよね。
そう。旧東海道を通って膳所の亀屋さんにも寄りましたよね。

そんなこともあったのですよね。

遠い目。

Re: もう、そんなになるのですか!

シャレードさん

> あの写真を拝見してから・・・・もう四年が経ちましたか。
早いですね。わたしもかぞえてみてあらためて気付いたんです。
昨日のようでもあり随分時間が経ったようでもあり。

> 中学生になった年に一人で泉岳寺に、義士祭のお線香の煙に驚きをおぼえました。

そちらでは忠臣蔵といえば先泉岳寺ですよね。
きっと大勢の参拝で線香を上げる煙は大変なものだったのでしょうね。

> 瑤泉院と云えば【南部坂・雪の別れ】を思い出します。
> 討ち入りの決意を胸に訪ねた内蔵助。。。。告げられずに雪の南部坂を涙して下る・・・・
> 真山青果の筆に依るのですが、歌舞伎の名場面の一つだと思います。

歌舞伎では拝見したことはなく、探してみましたら講談でみつかりました
忠臣蔵・・・たぶん歌舞伎になる前に講談が先ですよね。

前半http://p.tl/MVT6
後半http://p.tl/5RXj

> この時期に入洛された方、おそらく私の親しい人だと・・・・検定の結果の良い知らせを待っています♪
そうですよ。


> そうそう・・・あの三井寺の晩鐘も・・・・耳にしたいと願っていたのですが。
>
> まさに瑤泉院の証拠写真 のまなざしを見詰めながら、私も大吟醸の酒粕を溶いた甘酒をすすっています♪

三井の晩鐘はやはりよい音です。
甘酒いいですね♪妻鳥さんもお召し上がりですか?
あんな証拠写真でワル酔いしないといいですが・・って甘酒では酔えないのでした(笑)

No title

素敵な瑤泉院の写真ありがとうございます(o ̄∀ ̄)ノ

岩屋寺、義士祭の日にも紅葉が残っていたんですねぇ(≧ω≦)
2回行ったことがあります。
普段の静かな状態しか知りません(*´д`*)
『再會』は知りませんでした。
検索したら昭和テイストのお店なのですね(^^)
三井寺・・・まだ、行ったことが無いのです(;^ω^)

ありがとうございました。

仕事も始まり、つい二日前のことが夢のように思えます。
山科へは何度か行っているのに、知らなかった山科を見ることができて本当に楽しかったです。
ありがとうございました。
三井寺から見た琵琶湖は、まるで海かと思うような広大な湖で、ちょっぴり感動しました。
山科駅で電車がなかなか来ずに、京都駅では走って走って、何とか新幹線に間に合いました。とってもスリリングな最後でしたが、座席に座った途端に思わず笑ってしまいました。
すごく充実した一日になりました。
ありがとう、あふみさん。
また遊びに行きますね~♪
そうそう、伊郷さんが「いもぼう」でオフ会をやりましょうってよ(笑)

Re: No title

いごうさん

> 素敵な瑤泉院の写真ありがとうございます(o ̄∀ ̄)ノ
いえいえ。。お目汚し画像でした。
しかしもうこんなコスプレすることなんてもうないだろうからいい思い出です。

> 2回行ったことがあります。
> 普段の静かな状態しか知りません(*´д`*)

だーれもいないよね(笑)
でもあそこの庵主さま 何度か マスコミに取り上げてらっしゃるみたいね。

> 『再會』は知りませんでした。
> 検索したら昭和テイストのお店なのですね(^^)
> 三井寺・・・まだ、行ったことが無いのです(;^ω^)

再會は新十条のドンつきから新大石道を五条のトンネルのほうへちょっと行ったところなので
近いんです。なかなかいい感じのところなので山科に来られたときはどうぞ。駐車場が広いのも◎

No title

あふみさんに観光案内してもらったらさぞ楽しいことでしょうね。
ガイドさんからの観光案内より通り一辺倒な案内と違っていろんな話が聞けそうです^^

瑤泉院の画像・・・
以前どこかで紹介されてましたね^^
かつらが重そうですw

No title

山科、通り過ぎるばかりです。
京都からすぐですのにね。

私も瑤泉院姿のあふみさんの表情がすき。
義士祭、一度訪ねてみたいものです。

お忙しい毎日でしょうが、
どうぞお身体お気をつけてお過ごし下さい。

こんばんは

コメント欄みーつけた!(笑)
義士祭の日やな~と漠然と以前のあぶみさんの日記と幼い日の記憶に
思いをはせておりました。

瑶泉院とても美しいですね。
大女優も顔負けやねo(^▽^)o
衣装も素敵
幼い頃の義士祭はホントに在所の縁日のイメージでしたが今は立派にしてはるんですね。

Re: ありがとうございました。

こまちさん

> 山科へは何度か行っているのに、知らなかった山科を見ることができて本当に楽しかったです。
> ありがとうございました。
よかったです☆私も目の前を通り過ぎることが多いのであらためて伺えたのはこまちさんのおかげかも。

> 三井寺から見た琵琶湖は、まるで海かと思うような広大な湖で、ちょっぴり感動しました。
初めてご覧にある方はそうおっしゃしますよ☆
フェノロサはその風景をみてこの地に葬って欲しいといったのですよね。
今回は時間が無くて案内できませんでしたがもうすこし上にある法明院には廃仏毀釈の時の文化財たちの大恩人フェノロサ、ビゲローのお墓があるんですよ。

>京都駅では走って走って、何とか新幹線に間に合いました
時間配分もっとよく考えればよかったですね。
ごめんなさい。

でも滑り込みでも間に合ってよかったです。

> そうそう、伊郷さんが「いもぼう」でオフ会をやりましょうってよ(笑)
ほぉ。
平野屋さんで!地元民としてはまたベタななんておもってしまいましたが(笑)
京都好きで集まるならいいですよね。
たのしみにしています☆

Re: No title

げんさん

> ガイドさんからの観光案内より通り一辺倒な案内と違っていろんな話が聞けそうです^^
入洛されるときはガイド引き受けますよ~(笑)
偏った情報提供しちゃうかもですが。

> 瑤泉院の画像・・・
> 以前どこかで紹介されてましたね^^
> かつらが重そうですw

ふふ。おなじ画像ではないんですけどね。
鬘は思ったほどは重くはないんですよ。
わたし、背の割に頭が小さいので鬢を大きめに結ったのを用意してくださったそうです。
微妙にバランスがあるみたいですね。

Re: No title

いっこさん

> 山科、通り過ぎるばかりです。
> 京都からすぐですのにね。

そうですよ。京都駅からわずか5分です。意外に近いんです。
お越しやす。山科の里へ(笑)

> 私も瑤泉院姿のあふみさんの表情がすき。
> 義士祭、一度訪ねてみたいものです。

ありがとうございます。
役柄上この行列では全キャストの中先頭を歩きます。
(大石内蔵助は遥泉院の夫浅野長矩の家来ですから それよりも前を歩くことに)

へらへら笑っていてはいけないと思い(緊張していたのもあるけど)
神妙にしていますね。

> お忙しい毎日でしょうが、
> どうぞお身体お気をつけてお過ごし下さい。
いっこさんもどうかご自愛を♪

Re: こんばんは

りんごさん

> コメント欄みーつけた!(笑)
あ、みつかった(笑)

> 義士祭の日やな~と漠然と以前のあぶみさんの日記と幼い日の記憶に
> 思いをはせておりました。
りんごさん幼少期の地元なんですよね~
盛大なんだかもうひとつ広報不足なのか微妙です。
わたしも行列に奉仕するまではお祭りの存在は知っていたけれど行ったことなかったんですよ。

> 瑶泉院とても美しいですね。
> 大女優も顔負けやねo(^▽^)o
> 衣装も素敵

今度御目文字したらケーキのひとつでもご馳走しなければ(笑)
そういえば昨日凡蔵さんで「いちご大福」をゲット。
美味しい!!!黒豆もいいけどイチゴもナイス☆オススメで~す。
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。