FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺繍

小袖と布と帯のはなし

matu 

                                         松葉紋  2011



五条HINAYAさんのショールーム2Fには帯の見本反がいっぱい置かれています
過日に友人と伺った際に 棚から出して広げて見せていただきました

美しい裂や反物たちを見るとダメですね

アドレナリン大放出です(笑)




先月末から京都文化博物館ではじまった
京の小袖展では
安土桃山から江戸末期までの 精緻な手仕事を施した
小袖がこれでもかというぐらいにその技を競うように並べてありました

初日に伺ったということもあり
本展観の監修者の切畑健さんが展示会場にいらしていて
小袖の前で覗き込んでいると 
その場でいきなりギャラリートークがはじまりました

その中で「布」とは・・現在で繊維(糸)を織って平面にしたものをすべて「布」と表現してますが
その昔小袖の出てきた桃山時代では
絹でできたきもの小袖と呼び
その他の繊維(主に麻)で織ったものでできたきものは「布子」と呼んだとか

布 とは 麻や綿(綿がでてくるのは江戸時代です)の織物のことを指し
絹織物は「布」とは呼ばず「小袖」や着物の形になっていないものは「裂」と呼んだようです



HINAYAさんで物色した反物
自分で名古屋帯に仕立てようかと実家に持って行ったら
母に 「せっかくやからちょっと何か刺したら?」
何か入れるかそのまま仕立てるか考えていたところだったので
この母の一言で 何か入れてみようと意匠を考えることに

小袖展がはじまるすこし前、京都国立博物館では
「細川家の至宝」展がはじまったところ
その中に螺鈿を施された鞍があったのです
国宝の「
時雨螺鈿鞍」と名づけられた馬の鞍
松の葉がデザイン化されそれがやけに印象に残ったんです
エレガントでかっこよくって!しばらくその前で釘付け!


その文様からインスピレーションを受けて作ったのが
この帯の文様

螺鈿のシャープな松よりももうすこしラフな感じに
ものさしを使わないでフリーハンドで描いた松の葉の文様

すこし歪んだのも洒落のうち ♪



これは布ではなかったんですね
小袖の時代にはこんな巾の広い帯もなかったし







さて帯に仕立てたら何に合わせましょうか

タノシミはつきません



スポンサーサイト
コメント

No title

あふみさん、本当にセンスいいですね。
刺繍でぐっと魅力的になってます。
好きです。

岸田劉生、行ってきました。
予想以上に素晴らしくて感激。
有難うございました。

Re: No title

いっこさん

> 刺繍でぐっと魅力的になってます。
ありがとうございます!

> 岸田劉生、行ってきました。
> 予想以上に素晴らしくて感激。
堪能されたようでほんとよかった!
作品だけでなくなんかこう岸田劉生の人物像が見えるような展観で興味深かったですよね♪

No title

小袖は絹でしたか、松葉をの色模様・・・・・
ウットリと見据えています♪

ふと・・・・いにしえに還ったような気配を感じています♪

No title

こんばんは。

まあ、あの帯がすっかり 十六夜さんテイストに生まれ変わりましたね、
素敵です。
どんなお着物に合わせるのでしょう、拝見したいです。
近々 ご一緒できるといいな ♪

Re: No title

しゃれーどさん

> 小袖は絹でしたか、松葉をの色模様・・・・・

知らないことって多いですね。
小袖は絹の着物のことでした

江戸期の夏物の麻の着物を 帷子 というのかと思ったら
それもちょっとちがって。。。

もともと上流社会のひとたちは 夏は すずし という 絹を薄く透けさせて織ったもののみ着用していたのだとか。。。

いにしえですか・・・・しゃれーどさんのおっしゃるいにしえは いつもきものをお召しのお母様のことですかそれてももっともっと昔のことなのでしょうか。




> ウットリと見据えています♪
>
> ふと・・・・いにしえに還ったような気配を感じています♪

Re: No title

ふうこさん

> 素敵です。

ありがとうございます。
物色していたとき横にいらしていたんですものね(笑)
最初手に取られたのはふうこさんでしたよね

> どんなお着物に合わせるのでしょう、拝見したいです。
> 近々 ご一緒できるといいな ♪

ほんとにね。
小袖展の後期ごいっしょできるといいですね。

結局呉服をやってる友人のところで仕立ててもらうことにしました
明日もって行って特急でしててもらおうとオモッテマス(笑)

No title

いやぁ、素敵な小袖?ですねぇ(≧ω≦)
松葉紋はあふみさんが刺されたんですか。
最初に写真だけ見たときは、もともと松葉紋の入ってるものを求めたのかと思いました(*´д`*)

Re: No title

いごうさん

> いやぁ、素敵な小袖?ですねぇ(≧ω≦)
やだ~それは帯地だよ。
ってわかんないよね。

ようやっと先日仕立てに出しました。
来週早々にしたてあがります、
たのしみだ~

> 松葉紋はあふみさんが刺されたんですか。
そうなの。
はじめから乗っているように見えるってことはよく合ってるってことね。
そういってもらえるとうれしいな。
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。