FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物

なごり

お庭の花 

                                写真:庭の花 2011 秋


先日実家に行ったとき 納戸から出てきたといって
母がアケビの蔓で編んだ籠をもらって帰ってきました

最近は編んでいるのを見たことないですが
以前はよく編んでいて納戸の中にいっぱい転がっています

せっかくもらってきたので何か活用しようと思いつき
花籠に使ってみることに

茶の湯の世界では今時分は 名残の茶の頃
籠に秋草をいっぱい入れることが多い季節
庭の草を集めて入れてみることにしました

「名残」って実は当て字で
本来は「波余」だったとか
余韻を楽しむという意味なんやそう

茶の湯では来月は新茶の茶壷の封を切るお茶の世界のお正月みたいな季節
茶壷に残ったお茶をたのしむのが今時分なんやそうですよ

おけいこもお休みしてもう5年ほどになりあれこれ忘れていますが
そういう季節を慈しむココロだけは忘れたくないものです

写真じゃ暗くて見えないですが
何種類の草花が入っているの思いますか?

フジバカマ、アカミズヒキ、シュウカイドウ、タイワンホトトギス、ヤバスススキ
これすべて縁あってうちにやってきたものばかり

フジバカマとタイワンホトトギスは奈良の友人のお母様が山野草を育てるのが好きで株分けしたときに
ダンボール箱いっぱいにいろんな山野草をいただき植えたものでしたが
いつの間にかなくなっていき残ったのはほんの数種そのうちの大切な二種
シュウカイドウは実家から何かの鉢を持って帰ってきたときにくっついていたもので
実はもって帰ってきた覚えはなく・・・いtの間にか増えてました
アカミズヒキも実家にあったのを引いて来て植えておいたらいっぱい増えてます

ヤバスススキはいただいたアレンジを挿して置いたら根付いたもので
いまや増えすぎて雑草と化して時々間引かないとえらいことに(笑)

縁があってやってきた花たち
いっぱい増えたものは結構あちこちに里子に出していきました

まめに手入れしなくても増えた花たちばかりなので生命力は抜群!
里子に出した子たちも可愛がってもらい今時分咲いてくれていたらうれしいなぁ






スポンサーサイト
コメント

No title

凄い、凄い仕事を。アケビ蔓はとにかく手強いと聞いています。

それを此処までに力強く編み上げるお母様はどんな方なのでしょう!
背後の絵・・・・この組み合わせのコントラスト・・・・
何がしの意味が含まれているように思えます。

篭をドシリと受け止めている花台、堅木の古木のように見えるのですが。
厚みと云い大きさと云い、見事に力のバランスが調和し合っていて・・・

もちろん活けられた・・・お庭の花があってこその魅力である事は紛れも無く。
溜息の出るようなバランスとアンバランスの美しさの妙を目にした驚きと感動に居ます。

Re: No title

しゃれーどさん

> 凄い、凄い仕事を。アケビ蔓はとにかく手強いと聞いています。
籠を編むのが好きみたいであけび以外も畑でとってきたキウィの蔓でも籠を編んでましたよ。
手ごわいもののほうが達成感あるのかなぁ。

> 背後の絵・・・・この組み合わせのコントラスト・・・・
> 何がしの意味が含まれているように思えます。
いえいえ、そんなたいそうな意味はありませんよ。
この家に住みだしたときからココに置いてあるんです。
ピカソのリトグラフです。

> 篭をドシリと受け止めている花台、堅木の古木のように見えるのですが。
> 厚みと云い大きさと云い、見事に力のバランスが調和し合っていて・・・
花台は家を建てたときのメーカーさんからの家の引渡しのときにプレゼントしてくださったものです。
○△林業で建てた家なので木材は自前の得意分野じゃないかな~(笑)

No title

いいですねぇ(≧ω≦)
籠の花はちょっと暗いですが、それが後ろの明るいリトグラフと絶妙なコントラストを生み出してるような気がします。
冬は枯れ木ばかり・・・
しばらくは名残を楽しみたいですね(*´д`*)

Re: No title

いごうさん

> 籠の花はちょっと暗いですが、それが後ろの明るいリトグラフと絶妙なコントラストを生み出してるような気がします。
上手に言ってくれるね~☆
このピカソのリトもとはもっと鮮やかだったはずなんだけど長年ここにおいてある間に焼けたみたいわ。

> しばらくは名残を楽しみたいですね(*´д`*)
ほんまにね。
もう明日からは霜月だからね。
お茶の世界は炉開き。
もう籠はあまり使わないんよ。
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。