FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展覧会

神仏います近江

びわ湖の夕照 
 
                                                                                                                       写真:矢橋の夕照  帰帆島  滋賀

今年の春頃だったか三つの美術館で合同の神仏います近江展が計画されていると伺い
秋が来るのをたのしみにしていた

9月3日-12月11日ミホミュージアムの「天台仏教への道」を皮切りに
9月17日-11月20日滋賀県立美術館「祈りの国、近江の仏像」

なんといっても近江はわたしのルーツで学生時代から生活の中心が京都に移っても
ココロのよりどころなんやと思う

先月半ばから瀬田会場もオープンしたので大津会場のオープンを待たずに
信楽・瀬田会場に伺った

このふた会場では近江の仏像の展示だったが
なんと言っても今回たのしみにしていたのは
石山寺 多宝塔の中にいらっしゃる大日如来さま

滋賀のひとは子どもを身ごもると石山寺に腹帯と安産のお守りをいただきに詣るのだが
わたしも母といっしょに石山寺にお参りした

本堂で御札と腹帯をいただいたあと多宝塔にむかったが
そのとき母が暗い多宝塔中を窺がいながら言った
「このなかの仏さん美しいお顔をしてはるんや (わたしを身ごもったとき)こんな子が生まれますようにってお願いしたんや」

そう聞いて以来多宝塔にお参りに来るたび 
中を窺うのだけどきらっと光る玉眼がかすかに見える程度で
堂内は暗くてよく見えなかった

初めて あかるいところにお出ましになった大日如来様のお姿しっかり拝ませていただきました
パーフェクトな美しい仏様でした

あんまり近くで拝見できてもったいないぐらい(笑)

どことなくユーモラスなおかおの惣持寺の天部形立像、に
ぽったりとしたお顔の大岡寺の薬師如来さま
たくさんならんでいる仏像のだれひとりおなじ顔はいなく 
厳しいお顔の仁王さんもやさしいお顔のお地蔵さんも
美術対象としてみていたり
そうではなくやはり礼拝の目的で見ている自分もいて

日本人にとってこれは特別な存在なのかなと思う

そしてこの週末10月8日-11月23日大津市立歴史博物館でもはじまった

実はこの展観先に伺った瀬田会場で図録だけは先に手元にあったので
図版で先に見ていたので 早く 伺いたいなぁと心待ちにしていた

大津会場は日吉さんを中心とした神像と
山王祭にちなむ展観

会場に入ると右手に神さん(神像)たちがずらりと壮観
図録で先に拝見していたとはいえ

そのお姿の愛らしいことほほえましいこと
端正な仏像はもちろん美しく素晴らしいけれど
民衆の信仰に根付く日本古来の神像の姿はたまらなくいとおくなる
たくさん並んだ神さんたちの会話がザワザワ聞こえそうだ

よくもまぁこんなに沢山お出ましくださったことと思う
仏像とちがい神像は目に触れないのが普通だもの

夏に古事記の語りを聴きにいったことがあるのだけど
冒頭の部分国創りのところから天の岩戸までを聴いたけれど
なんというか神さんの世界もとても人間くさいのを思い出した


このバラエティーにとんだ仏像神像さんたち 
ひとつの県の中でこれだけそろうなんて 近江という土地が

有史以来短くとも都があったこと、政治の中心だったこと、古い文化を持つことはもちろん
文化を運ぶ道の交差点だったことが何より大きかったことと思う

この展覧会のいいところ、展覧会の半券を持っていくと関連のお寺の拝観割引サービスも実施さていているとか

いつでもいけると思ってなかなか入らないお寺この機会にお参りも伺おうかな

スポンサーサイト
コメント

No title

毎日のようにどこかしらの神社かお寺に行ってますが・・・
日によっては、お寺に神社の梯子とかw

仕事柄、一般の人たちより仏像なり神像を間近で見ることも多いし、場合によっては重要文化財に触ることだって・・・って、動かすんですけどねw

明治になって神仏分離ってなことになりましたが、身近に神社やお寺を見ているとやっぱり日本人の心の奥底には神仏習合の習いが色濃く残ってるとつくづく感じます。

その石山寺の"パーフェクトな美しい仏様"を一度見てみたいですね^^

Re: No title

げんさん

> 明治になって神仏分離ってなことになりましたが、身近に神社やお寺を見ているとやっぱり日本人の心の奥底には神仏習合の習いが色濃く残ってるとつくづく感じます。

お寺と神社は明治以前までは互いに関連していたなんて戦後生まれのわたしはオトナになって随分経ってからも知らなかったんです。
仏教伝来以来ずっと明治の頭まですっと仲良しだったのに分けられお寺に関しては廃仏毀釈で随分壊され、海外に流出してしまいました。
でもお寺の奥に祠があったり 竹生島はいまでもお寺とお宮さんくっついてますし、春日大社と東大寺は同じしかの文様をつかってますしその面影はいまもたくさんありますね。
春に行ってきた山王祭もお祭りの中で延暦寺のお坊さんが出てこられますし。

> その石山寺の"パーフェクトな美しい仏様"を一度見てみたいですね^^
お顔も美しいですがプロポーションも完璧ですよ。

No title

「神仏います近江展」。
観てみたいけれど、伺えずに終わりそうです。
石山寺の大日如来さま、どんなにステキなことでしょう。
あふみさんがきれいな方な理由もはっきりしましたね、
お母様の願掛け先がバッチリでした^^

Re: No title

いっこさん

> 観てみたいけれど、伺えずに終わりそうです。
それは残念!

> 石山寺の大日如来さま、どんなにステキなことでしょう。
スマートで美しいですよ~

> お母様の願掛け先がバッチリでした^^
あはは。母の願いは聞き届けられたのでしょうか?

No title

冒頭の夕照、とっても綺麗ですねぇ(≧ω≦)
こういうのって出会うんですか?それとも待っているんですか?( ̄▽ ̄?)
神仏います近江展、オイラも行く予定です(o ̄∀ ̄)ノ

Re: No title

いごうさん

> こういうのって出会うんですか?それとも待っているんですか?( ̄▽ ̄?)
これは最初から狙っていたんで晴れた日、夕暮れ時になるまで近所のショッピングモールで買い物を済ませ
時間を見計らって撮影に(笑)
以前からこの絵撮りたかったんです~
夏ならもっと北の比叡山に沈むんだけどいまは秋だし牛尾山か音羽山ぐらいかな~

> 神仏います近江展、オイラも行く予定です(o ̄∀ ̄)ノ
オススメです。
私のイチオシはれきはく>近美>ミホの順です。全部周らないのなら参考まで。
いごうさんなら全部回るのかな?


トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。