植物

花の余生

久しぶりに実家の近くの花屋さんに寄りました。その近所に出来たパティスリーにも行ってみたかったので。 フローリストの名前はBetteyBoof まるでお花いっぱいのカフェかサロンみたいでお店に入ると先ずゆずジュースのサービス。 表にはいつも黒板に鏡文字で折々のことばが書いているちょっとユニークなお店。 自宅で花と言えばいつもは庭やその辺りに生えたものを手折って投げ入れなんだけどたまには洒落た切り花でもと思っていたのが…目に付いたのは濃い臙脂のバラで花びらの感じや色合いご素敵だと思い品種を尋ねてみるとブルガリアンローズだとか。 ブルガリアンローズと聞いて花に鼻を押し当てみたものの既に盛りはすぎつつあるのか芳香も微かになってました。



今からの季節、せっかく連れ帰るのに花の命が短いのは残念なので他のものと諦め始めていたとき、店主さんが良かったら家で楽しんでほしいと言い、20本はあるバラをズボッと抜いて家用にラッピング。これから見頃の白芍薬3本と何かの不都合で短く切られた白い紫陽花を組んでものすごく豪華な花束に。



ちょっとドキドキしていたらお代は芍薬3本分とのこと。家に帰り花瓶に活けていたらハラリと花弁が何枚か落ちました。 贈答用の花束には使い辛くなった薔薇たち。我が家で余生を楽しんで貰おうと思います。散った花びらで薔薇風呂できるかな そうそう気を良くして花屋さんのあとすぐ近所にできたパティスリーで目にも美しいケーキを幾つか。この間からコンビニスイーツでないほんまもん食したかったんです^^ 薔薇の花束に麗しいスイーツ 至福だわ^^
スポンサーサイト
プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ