刺繍

道具のはなし

針山 

                                                photo :刺繍針


刺繍をするには道具を使いますがそのなかのいくつかを紹介します
まずなんといっても針がなければ始まりません

刺繍に使う針の長さは短く
手打のものを使っています
機械で作ったものとは刺し加減が全然違います
手で一本一本打ったものは先が鋭利で刺しやすい
そして折れにくい

日本刺繍では刺繍糸(釜糸)を自分で拠っていろんな太さにするので
針穴の大きさも何種類もあるんです

接写で撮ってるので針が巨大ですね
因みに緑の刺繍糸は写真の撮り台を使い釜糸を4本合わせて拠りあわせたものを
撚り棒をつかいさらに縒り合せて8本取りにしてあるんです 

着物などに刺繍をするときは2本取りや3本取りが多いですが
今は画面の大きなものに刺繍しているので太い糸にしてボリュームを出しているんです


撚り台 

                                                  photo:撚り台

コマ 
 
                                               photo:コマ

その刺繍糸を拠るのに使うのがこのふたつの道具

撚り台とコマ

T字型の台の上にフックがありますが
そのフックは使わずそのフックとフックの間に拠りたい糸を垂らしその糸の先にコマを括りつけて
コマのようにおもりを回して縒り合すんです なぜコマがふたつあるかというと
一度に長い長さの糸を撚れるようにほかに1か所フックを用意し
そこに拠る糸をひっかけてその両橋にコマをT字のより台にぶら下げて拠るんです。
撚り台とフックの距離が長いほど長い糸が撚れるというわけ。
片方のコマの上にいっぱい糸が絡まっているでしょう?
糸をくくりつけて最後切ってしまうのでどんどんたまっていくんです
片方は写真を撮ろうとして触っていたら糸くずが外れてしまったんです
糸くずが絡まっているほうが糸括りつけるとき簡単に絡まるので
糸くずは外さないほうが使いやすい・・・
細い竹のひごに最初直接括るときjは
すこし長めにぐるぐる巻きにしないとするりと抜けやすいんですね 

 

                                       途中経過2
                                       photo:刺繍台と写真中央横向きにおいてる木の棒はより棒

          説明してないといったいなになのかよくわからないと思いますが糸を手で拠るとき使うのがより棒
 普通刺繍台の枠は小幅(着物の反物の幅)で使うのですが写真は特別

 現在約120㎝幅120㎝高の作品を作っているのでホームセンターで
枠につかるような鉄パイプを探してきて無理やり刺繍台を作っちゃいました
あるものを使って長さの足りないところは継ぎ足して縛ってなんとか・・・・

道具って自分で使いやすいように工夫するですね

うちの工房にあるものは既製品もあるかれど

結構代用品や便利がいいように作ったものもおおいです。。(ぶかっこうだけど)
糸を巻いているものも竹筒羊羹の竹だったりラップの芯など使えるものをつかったりしています

刺繍でつかう道具ってどれもとても原始的
針だけはプロが作ったものでないとどうしようもないのだけど
ほかは結構なんとかなりそうです

今使っている刺繍の枠(タコ糸のかかっているところ)も
むかし母が若いころ家の出入りの大工さんに見よう見まねで
作ってもらった特注?品らしくてどうも出回っている刺繍台と大きさが少々違うらしいです



すこしずつですが作品も進んでいます。





                            
 

                     
スポンサーサイト
プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ