スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展覧会

もう一つの KATAGAMIstyle   KYO -KATAGAMI (京型紙)

 
poster



気になっていたんです「京型紙」の展覧会
すこし前だったか・・・みやこめっせの前を通ったら掲示されてたんです

先日KATAGAMIstyle展に出かけたときは
この展観は待ちきれずに出かけてしまったので

改めて出掛けてきました

KATAGAMIstyle展で紹介されていたのは
ヨーロッパに流出して
デザインソースとして使われた
「伊勢型」と言われる型紙でした


京型紙も基本用途は同じです

着物の型染めのための型紙でした 

大きな違いは「伊勢型(伊勢型紙)」は紀州の徳川家の保護下の元
伊勢で柿渋で貼りあわした美濃和紙で作られていて
型紙自体が売り物であること


京型紙と言われるものは京都の染屋さんのオリジナルで
「型」は商品ではありません

工房でつかう「道具」です

なので・・・・・


DCF00418.jpg 

中には反古紙を柿渋で貼りあわせたものを台紙にして彫られているものもありました

ちなみにこの柄は「鯛ノ鯛」鯛の体の中にある鯛の骨。鯛の中にあるさらに目出度いものという
おめでたい柄だったのだとか・・ いったいこれはどんな着物に染められたんでしょう

DCF00414.jpg 

左したの型を新たに復刻して制作された蕗の柄で仕立てられたきもの
なんとも涼しげです

型で見るのと着物地に乗ったのでずいぶん違いますね

型に糊を置いて型の渋紙の茶色く見える部分は
糊で伏せられてないので染料で染色します

型紙一枚の柄であっても職人さんの手作業で
染められていくので
蕗の柄の部分は違う色を注して行くことも可能
よく見ると淡いグリーンとブルーに染め分けられて
かわいらしく仕上げられていました

DCF00415.jpg 

それにしても柄の面白いこと洒脱なこと

こ型紙を持たれている三好染工さんは
江戸後期の創業 都のあった京都で商品は高級品がおおく
独自の柄が多かったことも京型紙と
言われるように区別して呼ばれるのかもしれません

洒落の効いた柄がいっぱい

柄が細かくて紹介できませんが

大津絵、職人尽くし、大名行列、茶道具、花魁、雪だるまと犬
狐の嫁入り・・・・
戦時中を思わせられるプロバカンダのロシア戦の柄(ロシア旗は折れて日の丸がはためていてる柄なんかもありました

それにしても・・・
京都の地場産業ですが
もっともっとくさん眠っているんですよね


KATAGAMIstyle展では日本のデザイン力の高さを見せて
いただきましたが

京型紙展では京都のデザイン力の深さを見せていただいた気分です

これらの型紙流出せずに大事にされてきたこと
蔵にしまいこまず見せていただけたこと

展観はこの週末29日日曜日まで!

ぜひ!


写真は主催者に了承を得て撮影しています


■京都展
会期:2012年7月21日(土)-29日(日)
    10時-17時
場所:みやこめっせ 美術工芸ギャラリー (Map)
   京都市左京区岡崎成勝寺町9-1


おまけ

nori.jpg 


先日伺った京都国立近代美術館のKATAGAMIstyle展でゲットした
デザイン海苔

これ型紙じゃなくて 正真正銘の 焼き海苔です☆

食べるのもったいないけれど そのままにしたら湿気ちゃうなぁ
スポンサーサイト
プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。