山歩き

かんじき

樹氷  

                                             photo:樹氷のこども

三国峠・枕谷源頭を歩くツアーに参加してきました
お誘いいただいたのは先日行った宇治のときの山の先生Fさん
行程の詳細は↑のFさんのブログをご覧ください


家を出発したときは曇りはしていたものの雪なんて降っていなかったのが
わずか1時間半ほど車を走らせるだけで
あたり一面真っ白の雪原です

かんじき 

                                 photo: かんじき

去年は朽木いきものふれあいのふれあいの里のツアーにスノーシューをレンタルして参加したのですが
今年はマイかんじきをゲットしてのかんじきデビューになりました

雪山 

                                         photo:いちめん雪・・生杉 高島 滋賀 


初心者コースとのことでの参加でしたがご一緒した方たちは
みなさん健脚な方たちで わたしはもともと歩くのは遅いのですぐ遅れてしまいます

ラッセルしたあとの雪面でもガチガチに踏み固められているわけではないのでかんじきで歩くと
ズボッっと沈み込むのでますます歩く速度は落ちて・・・・


見かねて時々Fさんが戻ってきてくださって私の前をもう一度歩いて
雪面を踏み固めてくださる一幕も・・・

都会の街の中を歩くのは結構な距離でも苦にはならないのですが
山道は何度行っても慣れません
いつになったらほかの方たちと同じ速度で歩けるのか



かんじきウォーク  

                              photo:雪に埋もれながら・・・・


 新雪はきもちいい 
でも歩くのは結構大変です


からだが冷えていても
歩き出すとあっという間に温かくなってきます
なので止まってはダメ

午前中はポールを持って歩いていましたが
坂があまりなかったこともあり
午後はポールを突くのをやめました

歩く速度はますます落ちたみたいけれど
手が自由なので歩くのが楽になりました


雪の中のゆずり葉 

                                              photo:雪の中のゆずり葉


真っ白であとは枝だけの枯れ木ばかりかと思っていたら常緑樹のゆすり葉がありました
寒くてしなびてしまっているのかと思っていたら
植物の知恵 雪になると葉が凍るのを防ぐため水分を出してしまい
しなびてゆらゆらと揺れているのだとか

春になればまたピンと葉が張り出すのだとか

生きているのは人間や動物だけじゃないんですね


宿木の黄色い実 

                                      photo : 黄色い実の 宿木


どこを見ても真っ白

色といえば歩いているわたしたちの衣服だけ
そんななか目を引いた宿木の実
この黄色とオレンジの実もありました


まるで雪の中の宝石です


すぐに試食したくなる山をあるくひとたち
宿木の実は案外あまくて美味しいらしいです・・・・が
あとが大変らしい

味わったあと種を口の中から出そうとするとくっついて
舌から離れなくて後味が悪いって・・・
これも植物の知恵?
すぐに木の横で種を落とされても種の保存にならないからだとか


スポンサーサイト
プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ