モノ・コト

ゆかた

ゆかた 

                                               写真:竹仙のゆかた 2011



「暑いしゆかたなんか着いひん!」
大きくなってからはゆかたを着てなかった娘たち

でも・・・次女は去年、着ないと言って出かけたのに
友だちの家に行った先で友だちが着ているのを見たら着たくなったようで
友だちのママの計らいで余っているゆかたを着せてもらい宵山に繰り出ていたのでした



ぷちぷら 

                             写真:ポップないまどきゆかた

そんなこともあって、今年はゆかたを買ってほしいと宵山直前に言い出し
急遽、宵々々山の日に室町通でやっているセールめざして買いに出かけたのでした
娘本人も自分で見ていたのですがどうもピンとト来ないみたいで
少々もてあましていたみたい
その中花柄が多い中一枚だけまぎれていたハートの大柄ゆかたが目行きました

最初「え~っ」と驚いていた娘だったけれど
宵山に着ていって友だちにほめてもらったようでまんざらでもなかったらしい

次女が新調したので長女もいるかなと内心思っていたら
一向に言わないのでそっとしてましたが・・・

これまた急に
「明日は5時限までびっしり講義でそのあと友だちの下宿でゆかたに着替えて宵山行くし」

今までひとりで着たことないのにどもないん?
浴衣は私の紺地のゆかたを着るしと言っていた
次の朝とりあえずにわか特訓?して帯はふわふわのセミの羽のような白い三尺帯を出しておいた
「なんとかするし~」そういい残して出かけていきました

あとから聞くと下宿の友だちとユーチューブのゆかたの着付け方を見て悪戦苦闘しながらも
なんとか着て出かけたのだとか(笑)


藍地のゆかた
私が二十歳のころ初めて自分のおこづかいて誂えたもので
東京の竺仙さんのもの

随分経つのだけどゼンゼンくたびれていない
水を通すたび藍の色がよくなってくる
紺地に大きな芙蓉の柄を白で染め抜いたもので
流石に最近すこし派手かな~と思い始めていたのでした

ここ最近は昼間にきものは着てもゆかたを着て出かけることもほとんどないから
そのままにしていたのだけど娘が着てくれるなら急に物欲が(笑)

そんな風に思ったら急に新しいゆかたが見たくなりました

そのころ頃に東京から遊びにきていた友人とランチをして京都駅で別れたあと
そのまま上にある伊勢丹の呉服売り場へ

なじみの店員さんが「これ!」と出してきたのが白地の綿絽地に柳の伸びやかな柄
やはり竺仙のものでひと目で気に入ってしまいました
ほとんど他のものと比べることもなくひと目惚れ


・・・・・・・・・・・


家に帰り仕立てをしている近所に住む友人にメールで急ぎでゆかたの仕立てが出来るかと問い合わせたら
単やゆかたで手がいっぱいと言われてしまい、今年着ることはあきらめて
来年におろせばいいかぁと思うことにしした

でも、来年ゆかたの季節になってからだとまた出遅れるので
昨日ふたたび、いまの仕事が片付いてからでいいからと家に反物を持って行ってきたんです

そうしたら

「いつ着たいの?」
「もうことしはあきらめてたしいいんやけどできたら8日の花火大会にあったら着たいけど・・」
すこし考えてから
「今わたし急かされて留袖をやっていて納期がまにあわへんし
襦袢だけはは知人に頼んでるんやけど、そのあとにできるか聞いてみたげるわ」

反物を預けて家に帰ってしばらくして返事のメールが

「間に合わせてあげるって!7日の夕方うちにに取りに着て~!」


なんとまぁ

たのしみです











スポンサーサイト
プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ