スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展覧会

師走おでかけ録

大山崎山荘美術館新館 

                                      写真:大山崎山荘美術館新館


師走お出かけ録です

ココのところ急に気候も季節についてきてぐっと冷え込んできました
真っ白な町並みが見える日もそろそろでてきそうです


上村松園展後期展示 @京都国立近代美術館
宮島達男「Time Train」
@Six(大阪・心斎橋)
ルーシー・リー展@東洋陶磁美術館
山荘美学-日高理恵子・さわひらき-@大山崎山荘美術館
聖歌譜展2010@SHIKAMA FINE ARTS
川勝英十勝造 軽漆塗木器展@ギャラリーみすや
第42回 日展 京都展@京都市美術館
琳派展13 お江戸の琳派と狩野派
  -板橋区立美術館×細見美術館-第3期
@細見美術館



特に印象に残ったもの中から

上村松園展、先月に引き続き後期展示にも出かけてきました
後期展で一番印象的だったのが私が松園さんの作品の中で一番のおきにりの「人生の花」
後期では京都市美術館蔵と名都美術館蔵の二枚の競演
シングルマザーの松園さんにとって花嫁というものは特別なものだったと想われます
同じ構図同じ大きなの画ですがかんざしや裾回しや帯の文様、家紋がちがうんです
いろんな憶測をしながら眺めた二枚

宮島達男の
「Time Train」 ←y-tube家に戻りあの暗い部屋でおおきな8の字に走り続ける列車がなんだったか・・・検索をして知りました
今回のインスタレーションに使われていた列車のモデルは第二次世界大戦のころドイツのアウシュビッツに向かう列車だったこと
それを知った上でもう一度見たくなりました。

ルーシーリー展
初夏に出かけたハンスコパー展 にも共同制作などが展観
以来関西に巡回するのを待ってました

ファッショナブル
 
そんな形容詞が思い浮かびました
白や瑠璃色のイメージだったけれど大阪展でのチケットや看板にはローズピンクのウツワが
わたしの中では都会的でモダンで硬質なイメージだったけれど今回の展覧会ですこし変わったかも
ボタンもとってもキュートだったし

そのルーシー展の興奮が醒めるまでに出かけた聖歌譜展
以前大阪の民芸館や
yamahon の化粧室で出会った聖歌譜
先月のしかまさんのリーチ展のときに聖歌譜展のことを知りこの機会をとても楽しみにしてました
手書きの装飾譜や装飾された文書の断簡はもちろん美しかったけれど
それよりも印象に残ったのが手漉きのコットン紙に木版の聖歌譜
飾ってあったフレームからはずしじかに触らせていただいた
手漉きの紙にしっかり摺られたグーテンベルグ式活版 
目ではなく手で見る感動ってあると思う
そして棚の上にさりげなく置いてあったルーシーリーの白磁のウツワ
生まれて初めて掌に乗せてみたルーシー
逆三角の足元がとっても細いルーシーのウツワは重心が下にあるので見た目よりもずっと安定感があり
そして・・モダンでファッショナブルと思っていた大阪での印象とはまた異なり
とても親しみを覚えるやさしいものでした

山荘美学
さわひらきのビデオインスタレーションと大山崎山荘美術館のたたずまいのコンビネーションのなんと素敵なこと
ずっと展示室におかれた椅子に座りその空間に沈みこんでしまいたくなってしまいました

いままでも企画展といっしょに美術館所蔵の民藝のコレクションが並んでいることは多々あったけれど
こんなにもインスタレーションと美術館の空間と所蔵のコレクションがよく映っていたことはなかったように思います
この美術館でなければ実現しなかった展観
そうそうこの展示室にもルーシーのウツワが何点かあったんですよ
ほんの二日間の間に3度も!!思いがけずルーシーデーになったのでした


この一年もこのお出かけ録(ブログ)にお付き合いありがとうございました☆
みなさまよいお年をお迎えくださいね
スポンサーサイト
プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。