スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展覧会

長月お出かけ録

 armel Barraud 

                                          写真:アルメル・バロー展より





長月お出かけ録です


もう秋がこないのかと心配なぐらい暑かった9月でしたが
お彼岸を境に急に駆け足で秋らしくなってきました
あの暑かった夏を想うと

夏草やつわものどもが夢の跡  

                     松尾芭蕉 ,1644 - 1694


ほんとは今時分まら夏草ではなくそこいらに伸びてきている秋草なのかも知れないけれど
ふと頭に浮かぶのです


山口信博・紙の上の仕事 @gallery yamahon
「古陶の譜 中世のやきもの ―六古窯とその周辺―」
@MIHOMUSEUM
MIHO GRANDAMA Arte della @MIHOMUSEUM
東大寺の近現代の名品
高島屋京都 グランドホール
編む”から広がる物語アルメル・バロー展@清課堂ギャラリー



思い返してみると今月はそんなに美術館出かけてなかったみたい。
上の三つは同じ日に出かけているし
高島屋も清課堂もついでに立ち寄っただけだった

そんな中友人に教えてもらった清課堂のアルメル・バロー展は
スマッシュヒット!

アルメル・バローは今回の作品を京都に4ヶ月滞在しているあいだ
京都の街の中をあるき街の中でインスピレーションを得た中で創り上げたもの
制作は清課堂の蔵(清課堂ギャラリー)をアトリエにしていたそう

細くやわらかなワイヤーで編まれたデリケートで繊細なレース編み
光はモチーフを透過し繊細な影となって壁に残していました

写真の動物は伏見稲荷のきつねさんをイメージして制作されたものなんだとか

彼女の手にかかるとそのモチーフはなぜか北欧を想起させます
ちょっとムーミンに出てきそう(笑)

押し付けがましいところがなくて
ほんと軽やかでここちのいい空間でした



繭から生糸を繰る

今月はこのほかに奈良の大極殿の横の平城宮跡資料館で開催された
「文化財保存技術2010 文化財を支える伝統の名匠」

宮古ぶーみん保存会の苧麻の糸績みの実演や
和楽器の弦のための生糸を繭から手繰る実演(写真)
友人が出演していた浮世絵の版木彫りと摺りの実演など
また桧皮葺の体験などもあり
それはわたしもやってみました!
桧皮を葺くための釘は金属ではなく桧の木でできた楊枝のような釘をつかって・・
一本一本地道な作業のようです

日本人の生活になくてはならなかったはずの畳
畳張りもいまや「選定保存技術」
そういえば我が家も畳の部屋は一室だけ
襖や障子の無い家も増えてるでしょうね・・・

廃れてしまってからでは遅い技術の継承
奈良の1300年祭の一環で開催されていたこと

だだっ広い平城京宮跡をぶらぶら歩きながらぼんやり考えていました

平城京宮跡 

 

スポンサーサイト
プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。