山菜パラダイス

 

連休後半は芦生短信のわたしの山の先生Fさん主催
 『古屋の休憩所に宿泊して山菜料理を作って食べましょう会』
に参加してきました

ただし初日の山菜摘みには実家のお祭りで参加できずで
夕方からの参加で・・

もたもたしている間に到着した頃には食事の支度もできてすっかり宴会の準備も出来てしまっていました               


山菜パラダイス 

                           photo: 被疑やかな晩餐ほとんどが山で採取したものから作られた料理です!

大根・オオバタネツケバナ・タンポポ・スミレの花・ヤマツツジの花・ベーコンのサラダ
大根・〆鯖・青ジソ・ヤマツツジの花・タンポポの花の酢の物
ウドのスライス、シャクのおひたし、イワガラミのおひたし、クサソテツのおひたし
ヨメナの胡麻和え、ノビルと油揚のヌタ、ツリガネニンジンの油炒め、ウドの皮のキンピラ、スイバの梅マヨネーズ和え
このラインナップすごいでしょ。
お昼間がんばって摘草に精を出した方たちごちそうさまでした!

ツツジは毒があると言われているのですが山ツツジだけは例外で食べても大丈夫!
ちょっと甘くて酸味もあってハイビスカスに似た感じでした
なんと言っても緑の物の中で紅一点!色目も美しく
目にも美味しい食材ですね


天ぷら 

                    photo:揚げたてアツアツたらの芽の天ぷら♪


煮たり和えたり炒めたりしたものは先に準備されてましたが
本日のメインでディッデュ山菜の天ぷらはテーブルの上にコンロを置いて揚げながら
最高のご馳走です

山菜の天ぷらはなんと12種!

タラ、コシアブラ、ウコギ、ツリガネニンジン、ヨメナ、ヤブカンゾウ、ドクダミ、セリ、ヤマグワ、クズ、サルナシ、リョウブ



山菜の天ぷらといえば写真の↑タラの芽を思い浮かべる方も多いかと思いますが
やっぱり美味しいのですよね~♪

あと コシアブラ! も

そのほかもヤブカンゾウなんて味が濃くって美味しい!
葛の蔓なんて果たして美味しいのか??
恐る恐る口に口に入れてみたら意外にいけるので驚いてしまいました(笑)



きなこシフォン 

                    photo:食後のデザート きなこのシフォンケーキ黒蜜掛け

天ぷらでおなかいっぱい!!で、ほとんどのひとがご飯にも手をつけてなかったので
明日の朝にしようかと 食後のデザート どうしましょう?みなさんに尋ねたら
「いただきます!」

人数分に切り分けてきなこのクリームと黒蜜をかけてシェア
コーヒーを入れて出す頃にはケーキのお皿はカラになってました
よかったよかった♪

みなさんご機嫌で平らげてくださり感謝です


朝ごはん 

                              photo:朝ごはん

わかめと大根お揚げの味噌汁、ワラビと油揚げの煮物、セリとヨメナの菜飯
(ツリガネニンジンの納豆和え ※写ってない)前夜の残り物

朝もなかなか豪華でした 朝ごはんの準備をしながらおひるごはんのおにぎりも平行してつくりました
机の上にいっぱいだった食材も綺麗になくなり

さあ 出発!

ただ昨日よりお天気は下り坂
雨の朝です

そんななかめげずに三国岳に出発




ぴーす!
                                    
                                                photo :ピース!

立ち止まると寒くなるし雨も結構降っていたのですが
歩きながら足元に花や新緑山の春(初夏)の息吹を感じると
うれしくなりますね


さて 三国岳からおりて 帰りにこごみの里でこごみ摘み ワラビも出ていたので
ワラビ摘みに精を出す方も

お土産もたっぷりできてこの会はお開き


さて 帰ってきてて山のお土産
こごみ アブラコシ ワラビを 使って 

こごみでグラタン 

             photo :帰宅初日の晩ご飯 その1 こごみ入りポテトグラタン

我が家の定番 ジャガイモとアンチョビのグラタン(北欧名物ヤンソンさんの誘惑)にベーコンこごみをプラスして

こごみとこしあぶらのペペロンチーノ 

                   photo:その2 こごみとあぶらこしのペペロンチーノ♪

いつものペペロンチーノ(オリーブオイルとタカのつめとにんにく)にサッと湯通しした
こごみとアブラコシを入れてゆでたスパゲティーをあえただけのお手軽メニュー

山菜献立その1 

                       photo:二日目晩ご飯 和風の献立

左下から時計回りに

わらびごはん わらびのおかかあえ 照り焼きチキン
こごみのくるみあえ 若竹汁

この日の献立は買ったのは鶏肉だけあとは到来品の食材ばかり♪

pizza.jpg  

                                 photo:三日目 こごみとこしあぶらの和風ピザ!

和風のピザ 決め手はのりかも
ピザソースにオリーブオイルとマヨネーズをピザ台に塗って
こごみ あぶらこし 白ネギ アンチョビ エノキタケ  のり
最後にチーズ

山菜万歳☆
料理はたのし

山菜パラダイスこれにて!





スポンサーサイト

重箱

ぼたもち 

                                photo:ぼたもち



お彼岸です
お彼岸にお供えするものといえば

秋分はおはぎ(お萩)で春分はぼたもち(牡丹餅)
だから今はぼたもち

お供えのぼたもちつくりました
なんだか調子づいちゃって一度あんこの牡丹餅をつくってから
もう一度白むしを作って黄な粉のぼたもちも
まだつぶ餡が残っていたので
餡玉をいれた白むしのお餅に黄な粉をまぶしました

昨日は姑のところと実家に配りに行ってきた
今回はお墓参りにいけなくなったから
せめてお供えだけでも

・・・・・・・・

ちょっと古めかしい重箱は
数年前に亡くなった祖母の家にあったもの

去年の春にそろそろ誰も居なくなった家を整理しようと
伯母たちが整理してまだ残っていたものの中のひとつ

何かほしいものがある?と言われて
気になったのがこの重箱

伯母に「あふみちゃんそんな古めかしいもんほしいの?」
と笑われたけれどそんなものが好きなんだからしかたがない


漆器だけれどそんな上等なものではなくて
日常に使われていたものなんやとおもう

それが いい


おひなさま

おひなさま 

                                    photo:うちのおひなさま


世界にいろんな人形はあれど
御 と 様 両方つけて呼ぶ人形は 世界広しと言えど おひなさま だけだと
今朝のテレビ番組で言っていた

端午の節句の大将さんだって 御と様は つかないし
ほかのお人形にもそんなに大切に呼ばれる人形はきっといない

とくにおんな(のこ)にとっては特別な響きと意味をもつ人形だと思う


去年は出せずじまいで心苦しかったのだけど
二年ぶりに箱から出したおひなさまは
なんとはなしにうれしそうに見えた  出してあげられてほんとによかった




貝あわせ 

                                               photo:貝あわせ

娘の初節句のときは両方の祖父母がお祝いに来てくれたり
娘の従兄姉たちが遊びにきたり
幼い頃には幼稚園でおひなさまを作って帰ってきたり
お友だちとひなまつりをしたり

うちのおひなさまはずっとそれを見守ってきた

小学校の何年生のころだったか 
細見美術館のワークショップで
貝合わせをつくろうというイベントがあり
出かけたことがあった

ほかの参加の子どもたちはうぐいすに梅やおひなさまの絵を描いているなか
うちの娘は 迷うことなく ペンギンを描きはじめた

いまだペンギン好きは続いていてこのごろはわたしまでペンギン好きになってしまった

この季節になって箱からだすとお雛様とともに
この貝あわせてはなんともなつかしい思い出になっている




ばらずし 

                                                 photo:春のばらずし


毎年桃の節句の夜の献立はばらずしにはまぐりのお吸い物
今年は去年の梅仕事で作った紅しょうがを載せたので
バラ寿司のお花畑に桃の花が咲いたみたい

いつまで一緒に祝えるのかなと思う桃の節句

まぁ・・いっしょに祝わえなくなってもおひなさまは出して
きっとばらずしも作り続けるのかな


かきもち

かき餅 

                                             photo:かきもち


毎日寒いですね

雪国には嬉々として出かけるのに
家の中ではストーブの点いている部屋から出たくない
ものぐさものです

お正月以降
和ダンスを開けに行く以外は締め切ったまんまの和室

そろそろお雛さんを出そうかと
二階のクローゼットからお雛さんの箱たちをおろしてきました



で、和室にはお鏡さんを切って乾かしてあったのにすっかり忘れていた かきもちが


おひなさん出しを中断して
もうよく乾燥しているようなので かきもちを揚げました



このシンプルな味 好きです
揚げたては最高!

味はすこしお塩をパラパラ振るだけ
でも 冷めても 美味しいよ

お供は熱い煎り番茶です

今日こそ娘も家にいるみたいだし手伝ってもらって
お雛さんも出してあげなくちゃ(笑)


七草

七草かゆ 

                        photo:七草かゆ 2012



芹 なづな 御行 はくべら 仏座 すずな すずしろ これぞ七種

                               『河海抄』 : 四辻善成 著 1362年頃成立




今年は久しぶりに朝に七草かゆを炊くことが出来ました

ほんとは朝にいただくもののはずなんですが
ここ何年も新学期がはやくはじまっていたことなどで
気ぜわしくて朝からお粥をお米から焚けなくて
夕ご飯の献立にずれたりしていたんです


幼い頃は母と近所の田んぼのあぜ道に
七草を探しに出かけた記憶がおぼろげながらあり
でも 七種はそろわなくて
いつも すずしろとすずなだけはしっかりと入り
あとはちょっとは探せたのだったかな
そのあたりの記憶は定かではありません
かなり幼い頃の話です

でも考えてみたら七草がゆはにつかう若菜は旧暦の1月6日に
用意するものでもうすこしあとのはずですね
ほんとはもう立春もすぎてもう少し気持ちは春めいているころなのかもしれません


随分古くからある風習のようです


実家にいた頃
前日の夜にいつも七草を刻んで朝炊いてました


七草ナズナ
唐土の鳥が日本の国に渡らぬうちに慌ててバッタバタ・・・

やったかな・・



ご馳走いっぱいよばれたお正月開け

七草のはいったお粥は おなかにやさしく染み渡ります











プロフィール

あふみ

Author:あふみ
京 あふみ・・・京都、近江のはざまでのつれづれ

twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ